藤沢版 掲載号:2020年6月5日号 エリアトップへ

給食再開まで昼食支援 100円で弁当提供

社会

掲載号:2020年6月5日号

  • LINE
  • hatena
弁当を受け取る児童
弁当を受け取る児童

 緊急事態宣言の解除を受け1日から再開された小中学校に通う子どもたちの食を支援しようと、市内のNPOと飲食店が連携し、期間限定の取り組みを始めた。給食が再開されるまでの間、昼食の用意が難しい子どもにおにぎりなど軽食をつめた「子ども弁当」を100円で提供する。

 1日、市役所分庁舎。正午近くになると子どもたちが集まってきた。この日は大鋸の「Nico's kitchen」が予約のあった8人分の弁当を用意。運営するNPO法人の大塚淳一副理事長は「栄養バランスを考えて作った。子どもたちが少しでも喜んでくれたら」と話し、受け取った子どもの一人は「美味しそう」とほほ笑んだ。

 放課後児童向けに「寺子屋ハウス」を開く、NPO法人湘南まぜこぜ計画が企画。利用者負担の100円に同法人が150円を上乗せし、飲食店に材料費や経費を支払う仕組みで、カフェなど6店舗が賛同した。

 市立小学校では17日(1年生は19日)から、中学校は29日から給食が再開する予定。市教委は希望者には休止の日数分、米やレトルト食品を戸別配送したが、同法人共同代表の原田建さんは「生米を届けても調理できなければ意味がない。対応できるエリアは限られるが、なるべくニーズには応えたい」と話す。

 前日までに同法人に連絡。提供が可能な飲食店を紹介する。問い合わせは原田さん【携帯電話】090・5449・1160へ。

長後こども食堂 無料で丼もの

 長後こども食堂(高倉650の4)では、16日までの平日、高校生までは無料、大人も200円以上の募金で食事を提供している。

 メニューは親子丼などの丼もの中心で、時間は正午から1時間。原則当日午前10時までに予約を受ける。持ち帰る場合はタッパーなどの容器、その場で食べる場合はお椀や箸などを持参。米の寄付も募集している。問合せは長後ファイト実行委員会の高見広海さん【携帯電話】080・3428・8792へ。
 

藤沢版のローカルニュース最新6

天高く舞え 相州藤澤凧

天高く舞え 相州藤澤凧 文化

伝統受け継ぐ保存会

1月22日号

キッチンカーが営業再開

本庁舎市民広場

キッチンカーが営業再開 経済

1月22日号

藤沢で結成、3人組バンド

藤沢で結成、3人組バンド 文化

タワレコが注目株で紹介

1月22日号

オンラインで児童絵画展

温暖化対策の啓発動画公開

温暖化対策の啓発動画公開 社会

松任谷さんが登場

1月22日号

山梨名産魚、魅力アップへ

【Web限定記事】元市議代表の創薬メーカー

山梨名産魚、魅力アップへ 社会

同県と共同研究

1月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク