藤沢版 掲載号:2020年11月27日号 エリアトップへ

「小さな可愛さ」つなぐ縁 野口さん、湯川さん、花田さん

文化

掲載号:2020年11月27日号

  • LINE
  • hatena
info■まるなのこけし×花田かお「Shell we DANCE」12月11日(金)〜25日(金) 午前11時〜午後7時LAMA COFFEE DAYS 2F(茅ヶ崎市松浪2-8-15)木曜定休 【電話】0467・37・6116
info■まるなのこけし×花田かお「Shell we DANCE」12月11日(金)〜25日(金) 午前11時〜午後7時LAMA COFFEE DAYS 2F(茅ヶ崎市松浪2-8-15)木曜定休 【電話】0467・37・6116

 カフェのテーブルに集った親指ほどの背丈のこけしたち。カラフルな民族衣装を身にまとった困り顔の女の子。一方には大小の貝殻がキラリと光る親子や恋人同士が並ぶ。色味や素材は違えど、大きさや表情はどこか似ていて、耳を澄ますと「こんにちは」「最近どう、元気にしてる」「おしゃれだね」と会話が聞こえてきそうだ。

 生みの親は、創作ユニット「まるなのこけし」の野口奈美さん=遠藤在住=と湯川紀子さん=平塚市在住=、そしてアーティストの花田かおさん=城南在住=の2組。偶然、3年ほど前から互いに「小さなこけし」を作りを始め、今回コラボ展を行うカフェが縁で出会った。

こけしで温もりを

 「まるな」は当初、箱根の土産市へ出品する際「土産の定番で気軽に持ち帰ることができるサイズに」と考案。湯川さんが紙粘土の体にタイの布の端切れを着せ、野口さんが表情を描く。「連れて帰りたくなる可愛さ」と反響があり茅ヶ崎市の衣料品店で販売し、鏡餅やひな人形といった季節ごとの作品も増やした。

 花田さんはマイクロプラスチック問題に関心を寄せ、鵠沼海岸などでごみ拾いを行う中、漂着した貝殻から着想を得て購入したパーツを組み合わせて創作。「もともと可愛いと思っていた」というこけしのモチーフに落ち着いた。

 展示には計200体ほどが勢ぞろいする。事前の打ち合わせでは、互いの作品を見せ合い笑顔が絶えない。「こんな時だからこそ、見た人に明るく楽しい気持ちになってもらえたら。癒されて温もりを感じてほしい」と3人は思いを込めた。

藤沢版のローカルニュース最新6

天高く舞え 相州藤澤凧

天高く舞え 相州藤澤凧 文化

伝統受け継ぐ保存会

1月22日号

キッチンカーが営業再開

本庁舎市民広場

キッチンカーが営業再開 経済

1月22日号

藤沢で結成、3人組バンド

藤沢で結成、3人組バンド 文化

タワレコが注目株で紹介

1月22日号

オンラインで児童絵画展

温暖化対策の啓発動画公開

温暖化対策の啓発動画公開 社会

松任谷さんが登場

1月22日号

山梨名産魚、魅力アップへ

【Web限定記事】元市議代表の創薬メーカー

山梨名産魚、魅力アップへ 社会

同県と共同研究

1月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク