藤沢版 掲載号:2021年4月2日号 エリアトップへ

魚と野菜育てる「アクポニ」 “農業革命”藤沢から発信

文化

掲載号:2021年4月2日号

  • LINE
  • hatena
アクアポニックスの仕組み
アクアポニックスの仕組み

 水耕栽培と水産養殖をかけ合わせた、次世代の循環型農業「アクアポニックス」の試験場「湘南アクポニ農場」が2月に打戻に完成した。運営する(株)アクポニの代表、濱田健吾さん(42)は「環境と生産性を両立でき、何より簡単。新たな農業の形として、食糧危機など世界を変えられる」と力を込める。

 ビニールハウスの中では、液体肥料の入った水を土代わりにする水耕栽培の畑が広がる。つながるチューブの先にある水槽の中にはいずみ鯛やエビ、金魚が数十匹泳ぐ。

 アクアポニックスは、魚の養殖水を微生物で分解し野菜へ与え、きれいになった水をまた養殖水に使う「完全循環型農業」だ。水槽の水替え、土作りや水やり、除草などは不要で、生産品も安全性が高いとして、世界的に注目されているという。

 「別名『さかな畑』と呼んでいます。無駄なく自然の縮図のような仕組み。面白い」。濱田さんは約6年前、IT企業在勤中に趣味で始めた「アクポニ」に魅せられ、発祥の地であるアメリカへ。現地の農場で働きながら研究者を訪ね、中南米やアフリカなど食糧問題を抱える地域からの視察者と話す中で可能性の大きさを実感した。一方で、システムや生産する品種など、技術的発展が遅いことが気になったという。「日本の農業技術力を持ってすればさらに生産性は向上するはず」と2年で研修を切り上げ帰国。横浜で会社を立ち上げた。

 念願の試験場では、企業などの視察受け入れのほか、チョウザメやカカオなど、従来では珍しい種の養殖・栽培にも挑戦している。また福祉施設や教育現場からの相談をきっかけに、生きがい作りや食育向けの製品技術開発も進めている。「藤沢から世界へ、新農業革命を起こしたい」

アクアポニックス畑の前に座る濱田さん
アクアポニックス畑の前に座る濱田さん

藤沢版のローカルニュース最新6

脱炭素へ向け研究会

脱炭素へ向け研究会 社会

官民協働で対策模索

5月7日号

「ユキ」と「サチ」です

「ユキ」と「サチ」です 社会

ペンギン愛称決まる

5月7日号

「ご存じですか?中学給食」

学校給食の今【7】

「ご存じですか?中学給食」 教育

19年から全校でデリバリー

5月7日号

子どもたちから「感謝」届く

藤沢商議所女性会

子どもたちから「感謝」届く 社会

5月7日号

街並の変遷 定点写真で

街並の変遷 定点写真で 文化

鵠沼郷土資料展示室

5月7日号

あわたん×シナモロール

あわたん×シナモロール 経済

えのすいでイベント

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter