藤沢版 掲載号:2021年6月4日号 エリアトップへ

三笠会館鵠沼店 48年の歴史に幕 「湘南フレンチ」先駆け

経済

掲載号:2021年6月4日号

  • LINE
  • hatena
9月中旬での閉店が決まった三笠会館鵠沼店
9月中旬での閉店が決まった三笠会館鵠沼店

 国道134号線沿いにある老舗フランス料理店「三笠会館鵠沼店」(鵠沼海岸)が9月中旬で48年の歴史に幕を閉じる。地産食材をふんだんに使った「湘南フレンチ」の先駆けで、記念日や祝いの席など近隣住民にも長年親しまれた。同店関係者は「ここまで続けてこられたのもお客様のおかげ。最後の思い出に足を運んでいただけたら」と話している。

 同店は1973年に開店。当時としては珍しい郊外型レストランで、地場野菜や三崎港などで揚がった新鮮な魚介を使った本格的なコース料理は「湘南フレンチ」と呼ばれるようになった。

 建物は英国チューダー様式を模し、白と茶色を基調とした漆喰風の壁に梁が突き出した造りが特徴。2012年には市の景観形成に寄与したとして「ふじさわ景観まちづくり賞」にも選ばれた。

 (株)三笠会館=本社・東京都=によると、開店から半世紀が経過し、建物や設備が老朽化。繰り返し修繕が必要になっていたところにコロナ禍が重なったことなどが閉店の要因になったという。

地域へ感謝

 「地域の方々には感謝しかない」。店の歴史を振り返り、関係者が声を揃える。

 毎月恒例の「グルメの会」に毎回のように足を運んでくれた人や、孫の代まで3代続けて通い続けてくれた人もいる。市の景観賞に推してくれたのも、地元の強い後押しがあった。東日本大震災で自粛ムードが広がったとき、グループ内でひと際立ち直りが早かったのも、地域の応援があってこそだ。

 「スタッフの愛着も強く(閉店は)非常に残念だが、最後まで感謝の気持ちを込めてお客様をお迎えしたい」と支配人の町澤恒平さん(45)。料理長の金崎信夫さん(52)は入社後まもなくから10年間同店に勤務した。「20代を捧げてきた思い入れのある場所で、お客様からの反応は励みだった。最後まで料理を楽しんでいただけたら」と話した。

 現在「まん延防止等重点措置」の発令に伴い、時間短縮営業を実施。詳細は同店ホームページまたは【電話】0466・34・5851へ。
 

店への思いを語る町澤支配人(右)と金崎料理長
店への思いを語る町澤支配人(右)と金崎料理長

藤沢版のトップニュース最新6

「触れる彫刻展」続け30回

白旗在住桒山さん

「触れる彫刻展」続け30回 文化

24日まで市民会館で開催

10月22日号

消費喚起へ電子商品券

消費喚起へ電子商品券 経済

来月1日から購入受付

10月22日号

いじめと人権、考え深め

いじめと人権、考え深め 教育

湘洋中で弁護士が授業

10月15日号

市民オペラ 来春開催へ

市民オペラ 来春開催へ 文化

コロナで延期、練習本格化

10月15日号

現元の三つどもえか

衆院選神奈川12区

現元の三つどもえか 政治

日程前倒しで臨戦態勢へ

10月8日号

DX推進 年内加速へ

藤沢市

DX推進 年内加速へ 社会

知見求め、民間人材任用

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook