藤沢版 掲載号:2021年10月8日号 エリアトップへ

コロナ禍を乗り越え、命と暮らし子どもたちを守る 衆議院議員・立憲民主党 阿部知子

掲載号:2021年10月8日号

  • LINE
  • hatena

医療の再構築

 長年医療現場に身を置き、7期21年を国会に送っていただいた政治家として、このコロナ禍克服の先頭に立たねばと決意しています。この間一貫して政権が遠ざけてきた無症状者を含む計画的検査体制の確立、変異株等の流行を予知するための検査、とりわけ海外からの入国時の検疫体制の強化は不可欠です。

 併せて感染した場合の早期診断・早期治療が重症化を防ぎ、命を守ります。通常の医療体制にしわ寄せするのではなくて、「感染症災害」として臨時病棟の開設はもちろんのこと、この30年余りの医療費抑制政策を見直し、日頃から医療現場に十分な人手を確保しておくことが必要です。

教育の再生

 教育に与えたダメージも深刻です。2020年3月の突然の学校休校や感染拡大防止のための長期のオンラインのみに頼る授業は、子どもたちから学校という場を奪い、学生たちからは対面で得られる種々の経験や出会いを奪っています。これからの日本を背負う大事な人材の育成のためにも教育予算の倍増を目指します。また、コロナによる経済的困難も強まる中、教育の無償化の拡大は不可欠です。

温暖化対策 待ったなし

 コロナ禍の背景にある地球温暖化や環境破壊等、乱開発への対策も重要です。また、原発は災害大国の日本では現実的でないばかりか、一度事故が起これば取り返しのつかない環境破壊を生むことは福島事故からの教訓です。

 2050年、カーボンニュートラル実現のため、原発ゼロ・再エネ100に積極的に取り組みます。藤沢市や寒川町は太陽光発電等の拡大で災害時にも自立した電力供給が可能となります。

21世紀は人権の世紀

 コロナ禍の中での感染症差別や入管施設で亡くなられたスリランカ女性ウィシュマさんの事件をみても、差別や人権侵害をなくすことが生きやすい社会に繋がります。超党派で取り組んだ産後ケアセンター設置や児童虐待防止、子どもの貧困対策活動を続けます。子どもの権利を中心にあらゆる差別と格差をなくしていく、ノルウェーのような「こども・平等省」の設置を目指します。

阿部知子事務所

神奈川県藤沢市鵠沼石上1-13-13藤沢共同ビル1階

TEL:0466-52-2680

http://www.abetomoko.jp/

藤沢版の意見広告・議会報告最新6

日本の未来…経済成長と人づくりを!

意見広告

日本の未来…経済成長と人づくりを!

水戸まさし/元衆議院議員

10月15日号

心豊かな日本を次の世代に

意見広告

心豊かな日本を次の世代に

自由民主党 前衆議院議員 星野つよし

10月15日号

コロナ禍を乗り越え、命と暮らし子どもたちを守る

コロナ禍を乗り越え、命と暮らし子どもたちを守る

衆議院議員・立憲民主党 阿部知子

10月8日号

酸素ステーションの増設を

県政報告

酸素ステーションの増設を

神奈川県議会議員 松長泰幸

10月1日号

新型コロナ感染症対策 断固たる決意で

藤沢の想いを神奈川へ【14】

新型コロナ感染症対策 断固たる決意で

神奈川県議会議員 市川かずひろ

9月3日号

湘南を海洋スポーツのレガシーに!

意見広告

湘南を海洋スポーツのレガシーに!

水戸まさし/前衆議院議員

8月27日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook