藤沢版 掲載号:2021年10月22日号 エリアトップへ

古希の節目に博士号 「考古学から見た秤」研究続け

社会

掲載号:2021年10月22日号

  • LINE
  • hatena
論文と竿秤を手にほほ笑む葉山さん
論文と竿秤を手にほほ笑む葉山さん

 鵠沼神明在住の葉山茂英さん(70)がこのほど、「考古学からみた秤」の研究で、古希の節目に博士号を取得した。原始時代から中世までに使われた、重さを計量する「はかり」や「重り」について研究を重ね、130頁の論文にまとめた。葉山さんは「苦労もあったが、若い頃からやりたいと思っていたことを実現できて良かった」と話した。

 葉山さんは、中学生の頃から考古学に興味をもち、地元の厚木高校では歴史研究部に所属し、発掘調査にもよく出掛けていた。研究者としての道を歩むことも考えたが、就職先や商いをしている家業のことなど将来を見据え、大学は商学部へ進学。その後、高校の日本史の教員として24年間勤めた。

 退職後も両親の介護が約10年続き、区切りが着いたのは60歳の時。「自分へのご褒美を」と考古学界で著名な北條芳隆教授を慕って東海大学大学院の史学専攻に入学。若い頃からずっと気になっていた、子ノ神遺跡の発掘調査で出てきた垂直を見るための道具「錘球」が「錘球ではなく、おもりだったのではないか」という疑問を解消すべく、弥生時代から古代、中世で使われたはかりと重りを研究テーマに掲げた。

 「弥生時代のはかりの研究をやっている人は日本で数人。古代・中世になるとほとんどいない」と葉山さん。そんな前例がない中、「解明されていないことを少しでも明らかにしたい」という気持ちを原動力に数万冊の文献や発掘調査の報告書を読み漁り、時代や地域によって原料や形が変わるはかりと重りの変遷をまとめ、政治や経済、交易などと絡めて論じた。葉山さんは「これからいくらでも広げられる分野。まだ入り口をノックしただけ」と話した。探求心はまだ尽きないようだ。

藤沢版のローカルニュース最新6

災害時「住民取り残さない」

災害時「住民取り残さない」 社会

御所見地区で防災訓練

12月3日号

開催地の証、ピアノに込め

開催地の証、ピアノに込め 社会

藤沢青年会議所が市に寄贈

12月3日号

SDGs推進の旗手目指せ

SDGs推進の旗手目指せ 社会

松下政経塾で全4回講座

12月3日号

「でっかいの出てきた」

「でっかいの出てきた」 教育

グリーンLC 児童招き芋堀り

12月3日号

店頭でマルシェ

店頭でマルシェ 経済

無印良品「地域の賑わいに」

12月3日号

大根の収穫を体験

なかよしランド特別企画 青木幼稚園

大根の収穫を体験 教育

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook