藤沢版 掲載号:2021年11月19日号 エリアトップへ

鵠沼中女子、県駅伝でⅤ 藤沢勢初の快挙

スポーツ

掲載号:2021年11月19日号

  • LINE
  • hatena
メダルや賞状を手にして笑顔の駅伝メンバーら
メダルや賞状を手にして笑顔の駅伝メンバーら

 県中総体の駅伝競走大会が6日、横浜八景島・海の公園で行われ、鵠沼中学校陸上部が、女子の部(5区間12・48Km)で、45分23秒で初優勝を飾った。男女通じて藤沢市内の中学校が優勝するのは初の快挙。メンバーらは「たすきをつないで目標の優勝が実現できてうれしい」と話した。

 「驚くほど理想的なレース運びだった。皆が日頃から練習して、リザーブメンバーとともに準備してきた結果が出た」。林嗣監督が評するレースは、1区の伊東輝恵さん(2年)が、上位と小差の4位で滑り出すと、2区の庄司咲来さん(3年)が区間1位タイの快走で首位に。3区・南羽彩恵さん(1年)、区間賞の走りを見せた4区・蓑田芽依さん(3年)がたすきをつなぎ、アンカーの5区・渡辺尚子さん(3年)へ。2位と48秒差で力走するも、ゴール直前に2位の山内中(横浜市青葉区)に6秒差まで迫られる展開に。粘りを見せて1位でゴールテープを切った。

学年超えた結束力

 林嗣監督が赴任して4年目となるチーム。同大会で初年度は48位だったが一昨年は22位、昨年は6位と着実に順位を上げてきた。昨年の大会終了時に「次回は優勝」と目標を掲げ、部員たちは練習を積み重ねてきた。

 普段は各自が専門とする800m、1500mの中長距離で練習。駅伝チームは3学年が入り混じるが、上級生と下級生がペアを組んで練習したり、冬には鵠沼海岸でトレーニングを行い結束力を強めていった。

 「先輩後輩の関係を超えてなごやかで何でも話し合える。リラックスして走れる」という雰囲気も、大会で各自の力を出し切れた要因という。

 優勝を経て、次の舞台は12月5日の関東、19日の全国。メンバーは「それぞれがベストな走りをしたい」と声を揃えた。

藤沢版のローカルニュース最新6

災害時「住民取り残さない」

災害時「住民取り残さない」 社会

御所見地区で防災訓練

12月3日号

開催地の証、ピアノに込め

開催地の証、ピアノに込め 社会

藤沢青年会議所が市に寄贈

12月3日号

SDGs推進の旗手目指せ

SDGs推進の旗手目指せ 社会

松下政経塾で全4回講座

12月3日号

「でっかいの出てきた」

「でっかいの出てきた」 教育

グリーンLC 児童招き芋堀り

12月3日号

店頭でマルシェ

店頭でマルシェ 経済

無印良品「地域の賑わいに」

12月3日号

大根の収穫を体験

なかよしランド特別企画 青木幼稚園

大根の収穫を体験 教育

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook