藤沢版 掲載号:2022年2月4日号 エリアトップへ

湘南高校サッカー部OBでこのほどOB会が作成した記念誌を最終執筆した 植松 二郎さん 辻堂在住 74歳

掲載号:2022年2月4日号

  • LINE
  • hatena

あの記憶の恩返しに

 ○…全編書き下ろしの大仕事だった。織田作之助賞をはじめ数々の賞を受賞し、作家としてのキャリアを積んできた。このほど手掛けたのは、母校サッカー部の記念誌。膨大な資料を読み込み、実に4年の歳月をかけて100年の歴史を読み物としてまとめた。労作を手にカメラを向けられると気恥ずかしそうに微笑んだ。「手応えのある仕事ができた。学校関係者だけでなく、外部の人が面白いと思ってくれたら作家冥利に尽きる」

 ○…自身も部のOBで、1965年に関東大会を制したメンバーの一人。強豪・帝京を相手に金星を上げた記憶は今も鮮明だ。「他の人からしたらちっぽけな話かもしれない。でも忘れがたい思い出。チームメイトも皆そう思っていると思う」。試合の熱が、勝利の喜びが、仲間との結束がかけがえのない記憶として残った。自らの名を冠した作品として世に残ることのない記念誌の執筆を引き受けたのも、そんな体験をさせてもらった感謝の気持ちからだ。

 ◯…名門、進学校、文武両道。執筆にあたっては母校を賛美するイメージはあえて排した。「記念誌とはいえ身内の自慢話にならないように」。活字の向こうにいる読者が等しく楽しめるようにという作家の矜恃がにじむ。その分、フィクションに陥らないよう新聞記事や資料、会報のボツ原稿にまで目を通し、裏付けを徹底。関係者への取材も重ね、話の「生々しさ」にこだわった。

 ◯…元々マイナー競技に過ぎなかったサッカーがどのようにして国民的スポーツとして認知されるまでになったのか。もう一つの読みどころが当時の時代描写だ。「戦争を境に社会のあり方が変わる昭和史としての見方もできると思う。歴史の読み物としても楽しんでもらえたら」

藤沢版の人物風土記最新6

冨田 御幸さん

藤沢商工会議所女性会会長に就任した

冨田 御幸さん

遠藤在住 66歳

5月27日号

原田口 昂弘さん

大学生による学習支援団体「ふじらぼ」の代表を務める

原田口 昂弘さん

本藤沢出身 27歳

5月20日号

永松 秀行さん

5月18日に開催される総合格闘技イベント「DEEP湘南」を企画した

永松 秀行さん

藤沢在住 57歳

5月13日号

北村 治之さん

海の環境保全などに取り組む「江ノ島・フィッシャーマンズ・プロジェクト」の代表を務める

北村 治之さん

江の島在住 57歳

5月6日号

浜田 真帆さん

サッカークラブ江の島FCを運営する(株)ENOSHIMAFCの代表取締役に就任した

浜田 真帆さん

横浜市在住 25歳

4月29日号

藤原 大さん

11日に開幕した「江の島国際芸術祭」で総合監督を務める

藤原 大さん

県内在住 56歳

4月22日号

ユーミーらいふ藤沢店

湘南の賃貸取扱件数No.1 湘南エリアで賃貸物件をお探しならユーミーネットへ

https://www.shonanchintai.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook