藤沢版 掲載号:2022年6月17日号 エリアトップへ

新ごみ袋7月から バイオマスプラを導入

社会

掲載号:2022年6月17日号

  • LINE
  • hatena
新しいごみ袋
新しいごみ袋

 7月1日から、藤沢市指定のごみ回収用「可燃ごみ・不燃ごみ共通袋」が新製品へと切り替わる。新製品は材料の4分の1にバイオマスプラスチックを使用している。

 販売形式は平置き型。大袋(40リットル5枚入り)400円、中袋(20リットル10枚入り)400円、小袋(10リットル10枚入り)200円、ミニ袋(5リットル10枚入り)100円で、価格やサイズは従来通り。旧指定取集袋も引き続き使用可能だ。また、黄色の可燃ごみ専用ごみ袋の販売も在庫がなくなり次第終了となる。

 バイオマスプラスチックは植物を原料とし、CO2削減策として注目される素材。市は2021年2月に表明した気候非常事態宣言の柱にゼロカーボンを掲げており、その一環で実施する。

ユーミーらいふ藤沢店

湘南の賃貸取扱件数No.1 湘南エリアで賃貸物件をお探しならユーミーネットへ

https://www.shonanchintai.com/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6

藤沢暴追協が 「旗印」寄贈

「皆で仲良く」願い込め

「皆で仲良く」願い込め 社会

中里子どもの家に七夕飾り

7月1日号

写真サークルが展示会

写真サークルが展示会 社会

5日から市民ギャラリーで

7月1日号

3年ぶり営業再開

3年ぶり営業再開 社会

辻堂海浜公園ジャンボプール9日、プール開き

7月1日号

好評につき今年も販売

好評につき今年も販売 経済

江の島ヨットハーバー

7月1日号

親子でジャガイモ収穫体験

青木幼稚園「なかよしランド」

親子でジャガイモ収穫体験 教育

7月1日号

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook