神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2024年2月9日 エリアトップへ

藤沢市長選 現新3氏の争いへ 現市政3期12年の是非争点

政治

公開:2024年2月9日

  • X
  • LINE
  • hatena

 任期満了に伴う藤沢市長選が2月11日告示、18日投開票の日程で行われる。7日現在までに立候補を表明しているのは、新人で元県議の国松誠氏(62)、現職で4選を目指す鈴木恒夫氏(74)、新人で市民団体代表の相原倫子氏(63)の3人=出馬表明順。現市政3期12年の是非に加え、人口が44万人を突破し発展が続く「湘南」を代表する都市としての今後の方向性が争点になりそうだ。

 国松氏はまちのポテンシャル(潜在能力)に着目し、「藤沢には多くの宝があるが、現市政は生かしていない」と指摘。現市政の評価については「(政策決定の)スピード感が足りない」とし、「100点中60点ほど」と酷評した。

 重点施策に小中学校給食の無償化やボール遊びができる公園の整備、土地利用規制改革などをあげる。また「多選批判の声が寄せられている」とし、弊害を問題視。「行政の刷新」を訴える。

 4選を目指す鈴木氏は「3期目のほとんどを新型コロナ対策に費やした。再スタートした色々な施策を育てるのが首長の責務」と続投の必要性を強調する。

 「誰一人取り残さないまち」を掲げ、教育・福祉分野での負担軽減や拠点づくりを推進。藤沢駅周辺、村岡新駅(仮称)周辺地区、健康と文化の森など6つの都市拠点の整備などにも注力し、市民とのマルチパートナーシップの下、まちづくりを前進させる考え。

 相原氏は「無党派・左右横断型市民派」を掲げ、政党やイデオロギーを超えた政治への転換を訴える。現市政については「自民系の首長が続き、藤沢市の意思決定が国にハンドリングされている」と批判。

 住民の自主性を尊重する「藤沢自由都市構想」を提示し、市民のさまざまな悩みを受け付ける「SOS─BOX」の創設や市全域へのフリーWi─Fiの整備などを看板施策に据える。

ウェブ版で配信

 タウンニュース藤沢版では告示日以降も「ウェブ版タウンニュース」を通じて選挙報道に臨みます。記事内の二次元コードにアクセスするか、ホームページ(「タウンニュース藤沢版」で検索)からご覧ください。

藤沢市長選に関する記事は上記二次元コードから
藤沢市長選に関する記事は上記二次元コードから

藤沢版のトップニュース最新6

即席応援団に再び光

日大藤沢サッカー部

即席応援団に再び光

スポーツマンシップに賞

7月19日

“赤いじゅうたん”育み15年

“赤いじゅうたん”育み15年

小出川彼岸花団体に栄誉

7月19日

搬送数昨年比7件増

熱中症

搬送数昨年比7件増

暑さ避け水分補給を

7月12日

踏切道廃止で安全確保へ

藤沢本町駅周辺整備

踏切道廃止で安全確保へ

市が8年後の完成目指す

7月12日

官民協働 未来のまちへ

湘南大庭地区

官民協働 未来のまちへ

活性化指針、素案まとまる

7月5日

ファン支援で“ホピ子”復活

ファン支援で“ホピ子”復活

葛原から再びレースの頂へ

7月5日

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

桧家住宅

7月13日㈯、14日㈰現地販売会開催 

https://www.hinokiya.jp/bunjyo/kanagawa/202308/57162.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月19日0:00更新

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook