神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2024年4月19日 エリアトップへ

Locomo代表、栗原さん開発 湘南を遊び尽くせ アプリで地域情報発信

経済

公開:2024年4月19日

  • X
  • LINE
  • hatena
開発したアプリを紹介するLocomo代表の栗原さん
開発したアプリを紹介するLocomo代表の栗原さん

 「湘南を遊び尽くそう。」。そんなコンセプトを掲げたアプリを鵠沼松が岡在住のフリーエンジニアでLocomo代表の栗原恵介さん(30)が開発した。イベント情報を中心に誰でも発信できるのが特徴で、配信から半年ほどで順調に利用者も伸びている。アプリはただの情報ツールにあらず。青写真に描くのは、地元の魅力をたっぷり詰め込み、地域を盛り上げる一大プラットフォームへの成長だ。

 野菜の直売やライブ、子育て、ビーチクリーン、栗原さんが開発したアプリ「Locomo」にはさまざまな分野のイベント情報が並ぶ。2022年8月に開設したウェブページを基盤に23年11月に配信を始めた。

 イベント情報は主催者自身が「ホスト」となり、自ら発信。アプリ版からは実名のタイムライン機能も実装し、「地域に関する情報」であれば自由に投稿できる。

 利用者は現在約350人。藤沢・茅ヶ崎・平塚・鎌倉・逗子の市ごとや駅名によるエリア指定が可能。アプリには事業者やミュージシャン、NPO関係者などのインタビュー記事のほか、クーポンも掲載されている。地元の穴場や人気店情報、地域で活動する人の思いなど、「地元の人と共有したい情報」が手元の端末から一度に閲覧できる手軽さが魅力だ。

地元の楽しさ実感

 栗原さんは湘南高校を卒業し、東工大を経てIT企業に就職。ウェブページ制作やデータ分析、広報業務などを手掛けてきた。

 転機になったのはコロナ禍。出社や遠出の機会が減り、自然と地元で過ごす時間が増えた。

 藤沢に生まれ育ったが、それまで地域のことはほぼ知らなかった。ある日、海を散歩しているとブラジル発祥のビーチスポーツ「フレスコボール」に興じている人たちを見かけ、加わってみると「超楽しかった」。

 目を凝らせばこだわりの詰まった商店やイベントなどが大小さまざまある。「地域には魅力あるコンテンツが詰まっている。近くで体験できる優位性は地域の活性化にもつながるはず」とウェブ版の作成を着想。一念発起し、昨年末に独立開業した。

地域通貨構想も

 現在はフリーエンジニアとして活動しながら仲間3人とアプリやサイトを運営。イベント企画や動画配信にも取り組むほか、今後は地域通貨の仕組みも構想中といい、事業拡大を目指している。

 「自分たちが暮らしている地域はこんなにも豊かで楽しいのだと伝えたい。より多くの人を巻き込んでいけたら」

 利用無料。アプリのダウンロードやウェブサイトなど詳しくは専用サイト(二次元コード)へ。

アプリ版のトップページ
アプリ版のトップページ
アプリのダウンロードなどリンク
アプリのダウンロードなどリンク

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

知の探究重ね300回

善行雑学大学

知の探究重ね300回

創立25年、生涯学習の拠点に

5月24日

交通事故、可視化で防ぐ

交通事故、可視化で防ぐ

市など4者連携「発生マップ」

5月24日

大型連休、人出前年並み

観光客数

大型連休、人出前年並み

混雑回避、分散化一因か

5月17日

藤沢勢がワンツーV

クライミングユース

藤沢勢がワンツーV

日本選手権で上位独占

5月17日

担い手確保に課題

自治会町内会

担い手確保に課題

デジタルや人材活用視野

5月10日

不要な学生服、必要な人に

不要な学生服、必要な人に

市役所内に「回収ボックス」

5月10日

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook