鎌倉版 掲載号:2015年5月29日号 エリアトップへ

湘南モノレール 交通事業支援会社の傘下に 三菱系3社が全持株を譲渡

経済

掲載号:2015年5月29日号

  • LINE
  • hatena
市民の足として親しまれている湘南モノレール
市民の足として親しまれている湘南モノレール

 市民の足として地域に親しまれている湘南モノレール株式会社(田中孝治社長)がこのほど、北関東や東北で地域交通事業の活性化を支援する株式会社みちのりホールディングス(本社東京都、松本順社長)の傘下に入ることが発表された。主要株主である三菱重工が進めるグループ会社再編の一環で、運行業務はこれまで通り続ける。

 三菱重工など三菱系3社は5月22日、保有する湘南モノレールの全株式を交通事業支援会社の株式会社みちのりホールディングスに譲渡することで合意した、と発表した。

 株式譲渡は6月上旬に行われ、湘南モノレールは、みちのりホールディングスが92%の株式を保有するグループ会社になる。

 今回の決定について三菱重工は「現在進めているグループ会社再編の一環」と説明。車両の供給や保守などは、引き続き行っていくという。

 湘南モノレールは1966年、湘南地域の住宅開発に伴い三菱重工、三菱電機、三菱商事、京浜急行などの合弁により設立された。懸垂式モノレールのパイオニア的存在として、1970年から大船―湘南江の島間(6・6Km)で営業運転を開始。1990年以降、利用客は年間1千万人に及び、昨年6月には乗客総数4億人を達成した。

「観光客の利用増図る」

 同社を傘下に収めることになったみちのりホールディングスは、株式会社経営共創基盤(冨山和彦代表取締役)の100%出資により2009年に設立された交通・観光事業経営支援会社。グループ内に福島、茨城、岩手など北関東、東北の交通・観光事業会社5社を有しており、従業員数は約3500人にのぼる。

 福島県の会津バスでは、一般路線と観光路線を一本化することでルートやダイヤの見直しを図り、岩手県北バスでは観光客はもちろん地元住民も楽しめる「路線バスの旅」を実施するなど、ユニークな企画による利用者増に成功している。

 同社は「施設のバリアフリー化を進め利便性の向上を図るとともに、観光客の利用を促進することで、乗客の増加を目指したい」としている。

鎌倉版のトップニュース最新6

部員が顧問の命救う

第一中バスケ部

部員が顧問の命救う 教育

胸骨圧迫、人工呼吸などで

7月23日号

障害者の社会進出後押し

鎌倉市

障害者の社会進出後押し 社会

条例制定し情報得やすく

7月23日号

前週比3.8倍に急増

鎌倉市内新型コロナ

前週比3.8倍に急増 社会

宣言下の1月に次ぐ多さ

7月16日号

五輪へ地元応援団結成

女子バレー島村春世選手

五輪へ地元応援団結成 スポーツ

腰越地区中心に200人

7月16日号

子どもも考える「動物愛護」

子どもも考える「動物愛護」 社会

小中学生が掲示板開設

7月9日号

倒木・がけ崩れ各地で

大雨被害

倒木・がけ崩れ各地で 社会

月平均2倍強の降水量

7月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter