鎌倉版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

鎌倉と源氏物語〈第28回〉 鎌倉幕府最後の将軍第九代将軍守邦親王

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena
小川町遠望
小川町遠望

 「武士の都」として知られる鎌倉ですが、『源氏物語』と深い関係があることはあまり知られていません。文化薫る歴史を辿ります。

 第九代将軍守邦(もりくに)親王の父君は、第八代将軍久明(ひさあきら)親王です。母君は第七代将軍惟康(これやす)親王の娘、すなわち第六代将軍宗尊(むねたか)親王の孫ですから、守邦親王は宗尊親王の曽孫です。8歳から鎌倉幕府滅亡の年まで約25年の在位でした。

 鎌倉の滅亡時、幕府の情勢は『太平記』に書かれていますが、守邦親王の動向は伝わっていません。出家し、幕府滅亡の3カ月後に薨去したとされています。

 けれど、武蔵国比企郡(現・埼玉県比企郡小川町)に鎌倉滅亡後の守邦親王の伝承が残されていて、それによると、親王は滅亡の時、慈光寺(じこうじ)山麓の古寺に亡命し、土地の豪族猿尾(ましお)氏に厚遇されてこの地に住んだといいます。伝承の真偽はともかく、私が気になるのは小川町という地と、宗尊親王の血筋の皇子のこの地の滞在です。

 鎌倉には「尾州家河内本源氏物語」という、北条実時(さねとき)の奥書がある『源氏物語』の写本とそっくりな、『万葉集』の写本・「西本願寺本万葉集」がありました。その『万葉集』に関わったのが仙覚(せんがく)という学僧で、その人物の出身地が小川町で、その人物が宗尊親王に『万葉集』を献上した人だからです。

織田百合子
 

鎌倉版のコラム最新6

鳩が舞い降りる街

鎌倉のとっておき 〈第100回〉

鳩が舞い降りる街

11月20日号

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

鎌倉のとっておき 〈第99回〉

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

10月30日号

日本の製紙産業への功績跡

鎌倉のとっておき 〈第98回〉

日本の製紙産業への功績跡

10月23日号

鎌倉の民謡あれこれ

鎌倉のとっておき 〈第97回〉

鎌倉の民謡あれこれ

10月16日号

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

鎌倉のとっておき 〈第96回〉

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

10月9日号

江ノ電の車窓から

鎌倉のとっておき 〈第95回〉

江ノ電の車窓から

9月18日号

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク