鎌倉版 掲載号:2019年9月27日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第69回〉 鎌倉秋ごよみ

掲載号:2019年9月27日号

  • LINE
  • hatena
円覚寺の山門
円覚寺の山門

 鎌倉の海に静けさが戻る頃、まちなかにも秋の気配が満ちてくる。

 鎌倉の秋の風物詩といえば、まず9月中旬の「鶴岡八幡宮例大祭」。由比ヶ浜で神職が海に入り禊(みそぎ)をする浜降式から始まり、若宮大路での八乙女の舞、最終日の八幡宮での流鏑馬神事へと続く、鎌倉時代初期を起源とする歴史と伝統ある行事だ。

 9月18日には、坂ノ下の御霊(ごりょう)神社でも毎年「例祭」が開催される。境内で五穀豊穣を祈念する鎌倉神楽が奉納された後、奈良時代からと伝わる伎楽面などを付けてまちなかを練り歩く「面掛行列」が行われる。福禄寿など面掛十人衆からなる行列は、県の無形民俗文化財にも指定されている。

 10月上旬には鎌倉宮での「鎌倉薪能」。薪能はもともと、夜間かがり火の中、屋外の能舞台で演じられる能楽で神事として執り行われていたが、鎌倉では1959年から始まり、毎年多くのファンが訪れ、その幻想的な世界を堪能している。

 そして11月初旬には建長寺や円覚寺で実施される「宝物風入れ」。両寺院の持つ貴重な書画や仏像などの国宝・重要文化財の虫干しを兼ねて展示するもので、普段お目に掛かれないお宝も拝めるとあって、リピーターも多く人気を博している。

 秋の深まりとともに歴史と文化の薫りを増していく古都鎌倉。伝統的な行事や古(いにしえ)の文化財との語らいを通じて、今を生きる喜びを感じさせてくれるまちである。

石塚裕之
 

鎌倉版のコラム最新6

鎌倉春ごよみ

鎌倉のとっておき 〈第78回〉

鎌倉春ごよみ

2月14日号

「病気平癒(へいゆ)」を願って

鎌倉のとっておき 〈第77回〉

「病気平癒(へいゆ)」を願って

1月31日号

阿仏尼と二条が歩いた名古屋の鎌倉街道

鎌倉のとっておき 〈第76回〉

阿仏尼と二条が歩いた名古屋の鎌倉街道

1月24日号

鎌倉縁結び

鎌倉のとっておき 〈第75回〉

鎌倉縁結び

1月17日号

鎌倉新春ごよみ

鎌倉のとっておき 〈第74回〉

鎌倉新春ごよみ

12月20日号

鎌倉生まれの言葉あれこれ

鎌倉のとっておき 〈第73回〉

鎌倉生まれの言葉あれこれ

12月13日号

みなと鎌倉(International port)

鎌倉のとっておき 〈第72回〉

みなと鎌倉(International port)

11月1日号

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

僧侶と歩く十三仏参り

僧侶と歩く十三仏参り

3月末に2日間開催

3月30日~3月31日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク