鎌倉版 掲載号:2020年1月17日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第75回〉 鎌倉縁結び

掲載号:2020年1月17日号

  • LINE
  • hatena
葛原岡神社の「縁結び石」
葛原岡神社の「縁結び石」

 鎌倉は海や山、歴史的史跡はもちろん、洒落たショップやカフェなどが立ち並び、まち全体に見どころが満載だが、縁結びのご利益が期待できる寺社も数多い。

 始めに大町の「安養院」。安養院は北条政子の法名だが、政子がご本尊の千手観世音菩薩像に良縁を願ったところ、源氏の棟梁、源頼朝と結ばれたとの言い伝えが残っている。政子の供養塔もあり、春はツツジが咲き誇る花の寺でもある。

 次に佐助稲荷神社。鳥居の立ち並ぶ参道の入口には、縁結びで名高い十一面観音が祀られている。この像は良縁に恵まれず出家した美しい姫様が、若い男女に良縁があるようにと祈って彫られたものと伝わっており、その神霊が頼朝に挙兵を促し、見事勝利に導いたとの言い伝えも残るパワースポットでもある。

 そして鶴岡八幡宮の敷地内、源氏池に浮かぶ旗上弁財天社。ここには頼朝が政子の安産を祈念したとされる「政子石」が存在し、古来より夫婦円満、縁結びの霊験があるとされている。夏にはこの池に紅白の蓮が美しく咲き揃う。

 このほかにも「縁結び不動明王像」が祀られている成就院や、「縁結び石」がある葛原岡神社、境内の3カ所に「良縁地蔵」が存在する長谷寺などは、いずれも縁結びのご利益がある寺社として知られている。

 古(いにしえ)の万葉人もその恋心を歌にした鎌倉の地。今も昔も人々の縁(えにし)を結んでくれるまちである。

石塚裕之
 

鎌倉版のコラム最新6

鳩が舞い降りる街

鎌倉のとっておき 〈第100回〉

鳩が舞い降りる街

11月20日号

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

鎌倉のとっておき 〈第99回〉

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

10月30日号

日本の製紙産業への功績跡

鎌倉のとっておき 〈第98回〉

日本の製紙産業への功績跡

10月23日号

鎌倉の民謡あれこれ

鎌倉のとっておき 〈第97回〉

鎌倉の民謡あれこれ

10月16日号

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

鎌倉のとっておき 〈第96回〉

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

10月9日号

江ノ電の車窓から

鎌倉のとっておき 〈第95回〉

江ノ電の車窓から

9月18日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク