鎌倉版 掲載号:2020年2月14日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第78回〉 鎌倉春ごよみ

掲載号:2020年2月14日号

  • LINE
  • hatena
荏柄天神社
荏柄天神社

 鎌倉の春の風物詩と言えば、パレードや静の舞、流鏑馬(やぶさめ)などで成る「鎌倉まつり」が代表格だが、他にも中世鎌倉を今に伝える古式ゆかしい行事が残っている。

 立春を過ぎ、2月8日荏柄天神社で行われる「針供養」。左右に紅白梅を擁する拝殿前に置かれた豆腐に、使い古した針を刺し、ねぎらいと感謝、針仕事の上達と安全を祈るもので、平安時代頃から始まり、江戸時代中期以降、全国に広まったという。

 仲春の頃は、3月末に鶴岡八幡宮の舞殿で行われる「献詠披講式」。始めに和歌を詠み上げた後に、改めて曲や節をつけて神に献詠するもので、幕府の歴史書『吾妻鏡』にも、源頼朝が花見の宴で管弦詩歌の儀を行ったとの記録も残る。

 晩春の頃は、端午の節句に鎌倉宮で行われる「草鹿(くさじし)」。烏帽子を被った直垂(ひたたれ)姿の射手が2組になり、鹿を形どった的に向け矢を放ち、勝った組の大将には神職から菖蒲(しょうぶ)が授与される。1194年に源頼朝が富士の裾野で巻狩を催した際、草を束ねて鹿の形を作り稽古したのが起源という。

 端午の節句には、鶴岡八幡宮の舞殿で「菖蒲祭」も行われる。鎌倉時代、「菖蒲」は武士が大切にした「尚武」(武道や武勇を重んじること)につながるため、男子が元気に育つようにと祈る神事だ。

 春、若宮大路の桜も美しい古都鎌倉。古(いにしえ)の武士たちのイベントも身近に感じられるまちである。

        石塚裕之
 

鎌倉版のコラム最新6

源頼朝の妻、政子のほかにも

鎌倉のとっておき 〈第120回〉

源頼朝の妻、政子のほかにも

10月8日号

すべての道は"鎌倉"に通ず(足立氏)

鎌倉のとっておき 〈第119回〉

すべての道は"鎌倉"に通ず(足立氏)

9月3日号

鎌倉武士の鑑(かがみ)、畠山重忠

鎌倉のとっておき 〈第118回〉

鎌倉武士の鑑(かがみ)、畠山重忠

8月27日号

鎌倉の音を訪ねて

鎌倉のとっておき 〈第117回〉

鎌倉の音を訪ねて

8月20日号

武士の魂、鎌倉に宿る

鎌倉のとっておき 〈第116回〉

武士の魂、鎌倉に宿る

7月23日号

鎌倉と御家人〜山内首藤氏〜

鎌倉のとっておき 〈第115回〉

鎌倉と御家人〜山内首藤氏〜

7月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook