鎌倉版 掲載号:2020年6月26日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第85回〉 一条恵観山荘〜雅の心

掲載号:2020年6月26日号

  • LINE
  • hatena
緑豊かで静かな庭園
緑豊かで静かな庭園

 浄明寺バス停の先、滑川をのぞむ場所に、少し前から一般公開されるようになった「一条恵観山荘」はある。

 江戸時代初頭に、京都で活躍した皇族の1人である一条恵観が、別邸の離れとして自ら設計し、多くの宮廷人たちをもてなした場所だそうだ。京都西賀茂にあったものを、建物・大小の庭石・赤松などの植栽に至るまで、ほぼそのまま鎌倉に移築し、大切に整備・保存されてきた。

 遣り水に沿って散策できる庭園、円窓の美しい茶席、カフェとなっている建物などを巡った後は、説明付きの山荘案内を受けるのがお勧めだ(要予約)。桂離宮や修学院離宮などと同時期に建てられた山荘は素朴な外観ながら、内部は、当時の宮廷人たちの遊び心満載の様々な意匠がこらされている。説明を聞きながら「宮中の人たちはそんなところにまで気を配って客をもてなしたのねぇ〜」と感心してしまう。そして障子を開けると、そこには美しい京風庭園が広がる。赤松の木は、雨上がりに樹皮が一層きれいに見えるそうで、そこまで計算された植栽だという。

 「武家の古都・鎌倉」にあって、京の雅と遊び心に触れられる貴重なスポット。一度行って、武家の文化との違いを、肌で感じてみてはいかがでしょうか。

鈴木陽子
 

鎌倉版のコラム最新6

鳩が舞い降りる街

鎌倉のとっておき 〈第100回〉

鳩が舞い降りる街

11月20日号

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

鎌倉のとっておき 〈第99回〉

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

10月30日号

日本の製紙産業への功績跡

鎌倉のとっておき 〈第98回〉

日本の製紙産業への功績跡

10月23日号

鎌倉の民謡あれこれ

鎌倉のとっておき 〈第97回〉

鎌倉の民謡あれこれ

10月16日号

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

鎌倉のとっておき 〈第96回〉

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

10月9日号

江ノ電の車窓から

鎌倉のとっておき 〈第95回〉

江ノ電の車窓から

9月18日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク