鎌倉版 掲載号:2020年9月4日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第93回〉 「和田塚」に眠るのは...

掲載号:2020年9月4日号

  • LINE
  • hatena
和田塚
和田塚

 鎌倉幕府には、その代表的な役所として、軍事面で武士(御家人)を統率する「侍所」、各種の事務手続きを行う「政所」、主に相続や領地争いの裁判を行う「問注所」の3つが置かれていた。

 このうち「侍所」は、1180年源頼朝が平家討伐で挙兵した年には既に鎌倉に置かれ、源氏軍の司令部としてその役割を果たしていた。

 この「侍所」の初代別当(長官)となったのが、頼朝の信頼も厚かった和田義盛であった。「侍所」は、警察として傷害や窃盗などの刑事裁判も担っており、その長官だった義盛は、鎌倉期初期から幕府の中心的な武士であった。

 頼朝亡き後、義盛は幕府運営を合議する宿老(13人)の中でもその力を発揮するとともに、1203年には、北条氏による比企一族(2代将軍源頼家の姻戚)の討伐に加勢し、3代将軍源実朝の擁立にも協力した。

 しかし義盛は、1213年身内への処断をめぐり北条義時と対立、挙兵したが、親族である三浦氏の合力も得られず、由比ヶ浜でその最期を遂げたのである(和田合戦)。

 義盛にはこんな伝説が残っている。鎌倉期の軍記物語『源平盛衰記』によれば、義盛は、鎌倉方の軍勢に敗れた木曽義仲に従っていた有名な女傑「巴御前」の助命を頼朝に願い、自ら妻として迎えたというのだ。

 江ノ電和田塚駅近くにある「和田塚」。ここには、北条氏と覇権を争った和田一族が今も静かに眠っている。

石塚裕之
 

鎌倉版のコラム最新6

鳩が舞い降りる街

鎌倉のとっておき 〈第100回〉

鳩が舞い降りる街

11月20日号

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

鎌倉のとっておき 〈第99回〉

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

10月30日号

日本の製紙産業への功績跡

鎌倉のとっておき 〈第98回〉

日本の製紙産業への功績跡

10月23日号

鎌倉の民謡あれこれ

鎌倉のとっておき 〈第97回〉

鎌倉の民謡あれこれ

10月16日号

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

鎌倉のとっておき 〈第96回〉

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

10月9日号

江ノ電の車窓から

鎌倉のとっておき 〈第95回〉

江ノ電の車窓から

9月18日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク