鎌倉版 掲載号:2020年10月2日号 エリアトップへ

競技かるた「永世クイーン」で鎌倉山かるた会を主宰する 渡邊 令恵(ふみえ)さん 笛田在住 56歳

掲載号:2020年10月2日号

  • LINE
  • hatena

奥深いかるたの魅力伝えたい

 ○…「畳の上の格闘技」といわれる競技かるた。女性最高位のクイーンを通算14回獲得し「永世クイーン」の称号を持つ。現在は鎌倉を拠点に普及活動に取り組んでおり、初心者教室などを企画中だ。「まず札を100枚覚えないといけないし、簡単には始められない。でもその分、一瞬の判断力や記憶力、駆け引きが求められて奥が深い。その魅力を多くの人に知ってもらいたい」

 ○…東京都で生まれ、横浜市で育った。父のすすめで10歳の時にかるたを始めると、すぐに才能が開花した。数々の大会で優勝を飾り、小学校の卒業アルバムに書いた将来の夢は「クイーンになること」。ただ、その夢はすぐには手にできなかった。学生チャンピオンにもなった大学時代は「最もクイーンに近い」と言われながら、あと一歩での負けが続いた。転機は就職。練習量は減ったが「気負いがなくなった」。社会人1年目の23歳で初のクイーンを勝ち取ると、連続11期を含み14回の日本一に輝いた。

 ○…人気漫画の影響もあり、若き才能が次々と台頭するかるた界。かつてのライバルが一線を退いたり指導者に転じるなか、いまもクイーン戦に挑み続けており、10月18日に行われる東日本予選に出場予定だ。「負けるのは悔しいけれど、自分はまだまだ出来る、という気持ちがある。何よりかるたが好き、試合が好きだから」とほほ笑む。

 ○…2015年にプロ棋士の正和さんと結婚。翌年、鎌倉に住まいを移した。18年に鎌倉山かるた会を立ち上げ、小中学生の指導に当たっている。「子どもたちが純粋に楽しんでいる姿を見ることがうれしい。様々な伝統文化が息づく鎌倉で、かるたをもっと普及させたい。いつか『市民大会』のようなイベントを開催出来たら」

鎌倉版の人物風土記最新6

石井 里枝さん

鎌倉の日常を描いた日本画の個展「新春・鎌倉 我楽多市」を開催する

石井 里枝さん

七里ガ浜東在住 56歳

1月8日号

米澤 寿人(ひさと)さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

米澤 寿人(ひさと)さん

今泉在住 34歳

1月1日号

十文字 美信さん

写真家で「鎌倉プロモーションフォトコンテスト」の審査委員長を務める

十文字 美信さん

雪ノ下在住 73歳

12月18日号

久田 典子さん

現代音楽の作曲家として国内外で活動する

久田 典子さん

笛田在住 57歳

12月4日号

鮎沢 尚(ひさし)さん

地域限定メディア「The Sunrise鎌倉」を発足させた

鮎沢 尚(ひさし)さん コミュニティ

笹目町在住 44歳

11月20日号

吉倉 正司さん

11月1日付でJR鎌倉駅の駅長に就任した

吉倉 正司さん

横浜市在住 58歳

11月13日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク