鎌倉版 掲載号:2021年4月2日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第105回〉 北条政子ゆかりの地へ

掲載号:2021年4月2日号

  • LINE
  • hatena
乗蓮寺の「尼将軍化粧の井戸」
乗蓮寺の「尼将軍化粧の井戸」

 北条政子は、源頼朝が罪人の子として伊豆に配流されていた際にその妻となり、頼朝亡き後は出家し、将軍となったわが子頼家や実朝の幕府運営を支え、「尼将軍」と呼ばれた女性である。

 鎌倉には、政子が臨済宗の開祖、栄西を招いて開いた壽福寺や、政子の供養塔がある安養院など政子ゆかりの地も多いが、鎌倉以外にも点在している。

 まず「伊豆山神社」(熱海市)。頼朝はここで源氏の再興を祈願するなど、この神社を大いに崇拝し手厚く保護した。また、ここは政子と頼朝が人知れず忍び会っていた場所だという。

 政子にはこんな逸話が残る。父が決めた武士との婚礼の夜のこと、頼朝に恋していた政子は、密かに館を抜け出し、彼のいる伊豆山神社へ駆け込んだというのだ。境内には、二人が恋を語り合ったという「腰掛け石」も残っており、今では縁結びや事業成就の神社としても親しまれている。

 次に「乗蓮寺」(横浜市)。この寺は政子の発願で建立されたという。ここには、頼朝が近くの弘明寺を訪れた際、政子が化粧に使ったとされる「尼将軍化粧の井戸」があり、寺のある「井土ヶ谷」という地名もこのことに由来するという。また、政子が彫ったという「尼将軍坐像」も安置されている。

 3人の将軍と共に武士の世を歩んだ北条政子。彼女の生涯は、約150年続く鎌倉幕府の礎(いしずえ)を築いた歴史でもあったのではないだろうか。

石塚裕之

鎌倉版のコラム最新6

北条政子ゆかりの地へ

鎌倉のとっておき 〈第105回〉

北条政子ゆかりの地へ

4月2日号

尼将軍、北条政子とは?

鎌倉のとっておき 〈第104回〉

尼将軍、北条政子とは?

3月12日号

観音菩薩を訪ねて

鎌倉のとっておき 〈第103回〉

観音菩薩を訪ねて

2月19日号

踏切の傍らにひっそりと

鎌倉のとっておき 〈第102回〉

踏切の傍らにひっそりと

2月5日号

鎌倉で舞い踊る

鎌倉のとっておき 〈第101回〉

鎌倉で舞い踊る

1月29日号

鳩が舞い降りる街

鎌倉のとっておき 〈第100回〉

鳩が舞い降りる街

11月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク