鎌倉版 掲載号:2021年4月30日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第107回〉 鎌倉の中の院政期文化〜勝長寿院跡〜

掲載号:2021年4月30日号

  • LINE
  • hatena
勝長寿院旧跡
勝長寿院旧跡

 金沢街道沿い大御堂橋の交差点を南へ入った大御堂ヶ谷に、かつて源頼朝が父義朝の供養のため建立した勝長寿院という大寺院があった。

 勝長寿院建立の経緯は「吾妻鏡」に詳しく記されている。注目されるのは、堂内を彩る仏像や壁画を描く技術者を、京都や奈良から招いて制作したことだ。

 当時の京都は院政期文化が花開いていた。今に伝わる蓮華王院の国宝、千体千手観音立像や三千院の国宝は、この時代に制作された。院政期文化の特徴は、末法思想・浄土思想の影響を受け、造寺造仏が盛んとなった点にある。

 勝長寿院の本尊として安置する丈六の金色阿弥陀仏は、南都(奈良)仏師の成朝が制作した。成朝は平等院鳳凰堂の阿弥陀如来坐像(国宝)を制作した定朝を祖とする。この一派は奈良や京都で活躍し、院派・円派・慶派とわかれた。成朝は定朝につながる南都仏師の嫡流とされる。慶派から運慶や快慶が輩出した。

 また堂内の壁画「浄土瑞相并二十五菩薩像」は、京都から招聘した藤原為久が描いた。このように頼朝は、勝長寿院に当時の最先端文化を集め建立を進めている。

 源氏ゆかりの勝長寿院は室町時代に廃寺となった。今は跡地に建てられた石碑から、往時をしのぶほかない。しかし記録を辿ると、かつて大御堂ヶ谷一帯に、院政期文化を凝縮した大寺院が確かに存在していた。

       浮田定則

鎌倉版のコラム最新6

大寺院と天下取りの城づくり(二階堂氏)

鎌倉のとっておき 〈第109回〉

大寺院と天下取りの城づくり(二階堂氏)

5月14日号

鎌倉夏ごよみ〜水無月から〜

鎌倉のとっておき 〈第108回〉

鎌倉夏ごよみ〜水無月から〜

5月7日号

鎌倉の中の院政期文化〜勝長寿院跡〜

鎌倉のとっておき 〈第107回〉

鎌倉の中の院政期文化〜勝長寿院跡〜

4月30日号

鎌倉幕府の知恵袋(大江氏)

鎌倉のとっておき 〈第106回〉

鎌倉幕府の知恵袋(大江氏)

4月16日号

北条政子ゆかりの地へ

鎌倉のとっておき 〈第105回〉

北条政子ゆかりの地へ

4月2日号

尼将軍、北条政子とは?

鎌倉のとっておき 〈第104回〉

尼将軍、北条政子とは?

3月12日号

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter