鎌倉版 掲載号:2021年5月21日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第110回〉 頼朝挙兵の陰には?(三善氏)

掲載号:2021年5月21日号

  • LINE
  • hatena
康信が初代を務めた「問注所」の跡
康信が初代を務めた「問注所」の跡

 源頼朝亡き後、幕府の運営を合議して決めていた宿老13人の中に三善康信がいた。

 貴族出身で朝廷の官僚だった康信は、頼朝の乳母の妹が自分の母だったことが縁で、頼朝が伊豆に配流された後も、京の都の様子を定期的に知らせていたという。

 1180年4月、平清盛と対立し幽閉された後白河上皇の子、以仁王(もちひとおう)は、諸国の源氏に向けて平氏追討の令旨(りょうじ)を発し、自らも源頼政とともに挙兵するが、平氏に鎮圧されてしまった。康信は、源氏の嫡流である頼朝の身を案じ、この危機的状況をいち早く頼朝に伝えるとともに、奥州へ逃げるよう勧めたという。

 その後、頼朝は同年8月に挙兵。「石橋山の戦い」(小田原市)では惨敗し、一旦は安房(千葉県)へと逃れたが、10月には、上総氏や千葉氏などの武士を味方に付けて鎌倉入りを果たした。

 一方、康信は、1184年頼朝に請われて鎌倉に入り、訴訟・裁判を担当する「問注所」の執事(長官)となり、以降、幕府における裁判制度の整備に尽力した。また康信は、京の都や朝廷にも詳しかったことから、頼朝の側近(顧問役)として、主に朝廷対策の面から幕府運営を支えたのだという。

 そして宿老としては、1221年の「承久の乱」の際、朝廷への積極的な攻撃を主張し、他の宿老、大江広元らと協力しながら幕府側を勝利へと導き、武家政権を固めていったのである。

石塚裕之
 

鎌倉版のコラム最新6

鎌倉と古代の道

鎌倉のとっておき 〈第123回〉

鎌倉と古代の道

12月3日号

鎌倉と御家人〜南部氏〜

鎌倉のとっておき 〈第122回〉

鎌倉と御家人〜南部氏〜

11月5日号

鎌倉の中の鎌倉期文化〜鎌倉大仏〜

鎌倉のとっておき 〈第121回〉

鎌倉の中の鎌倉期文化〜鎌倉大仏〜

10月29日号

源頼朝の妻、政子のほかにも

鎌倉のとっておき 〈第120回〉

源頼朝の妻、政子のほかにも

10月8日号

すべての道は"鎌倉"に通ず(足立氏)

鎌倉のとっておき 〈第119回〉

すべての道は"鎌倉"に通ず(足立氏)

9月3日号

鎌倉武士の鑑(かがみ)、畠山重忠

鎌倉のとっておき 〈第118回〉

鎌倉武士の鑑(かがみ)、畠山重忠

8月27日号

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook