鎌倉版 掲載号:2021年6月25日号 エリアトップへ

実は新種でした えのすいの人気クラゲ

社会

掲載号:2021年6月25日号

  • LINE
  • hatena
新種と判明した「ギヤマンクラゲ」(同館提供)
新種と判明した「ギヤマンクラゲ」(同館提供)

 新江ノ島水族館は6月16日、長らく同館で展示し、来館者から人気を集めていた「ギヤマンクラゲ」が新種だったと発表した。同館も参加した国際共同研究で判明した。新たな学名に改められ、学術雑誌に研究成果をオンライン公開した。

 ギヤマンクラゲは半球状の傘は直径が約8cm。触手は50本以上あり、傘の縁に黒い点がみられるのが特徴。透き通った美しい姿から、オランダ語で「ガラスのように透明」という意味を持つ「ギヤマン」の名前を冠しており、同館で展示するクラゲの中でも特に人気が高い種類という。

 日本では1925年に初めて出現が記録され、同館が世界で初めて繁殖に成功。これまでは北米に生息する「ティマ・フォルモサ」と同じ種類と考えられていた。

 ところが同館と鶴岡市立加茂水族館(山形県)とロイヤルオンタリオ博物館(カナダ)、ハワイ太平洋大学(米)などとの共同研究で、遺伝子解析や詳細な形態観察をしたところ新種のクラゲであることが分かった。

 同館は「日本でも約100年前から存在が知られていたが、研究が不十分で根本的な勘違いが起たのかもしれない。引き続き研究を行い、成果を最新の情報と共に展示で公開していく」と話す。

鎌倉版のローカルニュース最新6

落語で防犯呼びかけ

落語で防犯呼びかけ 社会

大船警察署員が自作口演

12月3日号

12人と2団体を納税表彰

鎌倉税務署

12人と2団体を納税表彰 社会

作文・標語も受賞者決まる

12月3日号

オンラインで共生サミット

オンラインで共生サミット 社会

鎌倉の取り組みなど共有

12月3日号

作曲家が語るバッハ

作曲家が語るバッハ 文化

6日応募締め切り

12月3日号

破魔矢作りが佳境

破魔矢作りが佳境 文化

鶴岡八幡宮

12月3日号

大河仕様のタクシー登場

大河仕様のタクシー登場 経済

KGグループが45台用意

12月3日号

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook