鎌倉版 掲載号:2021年7月16日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第115回〉 鎌倉と御家人〜山内首藤氏〜

掲載号:2021年7月16日号

  • LINE
  • hatena
甲山城跡(庄原市教育委員会提供)
甲山城跡(庄原市教育委員会提供)

 源頼朝が鎌倉に本格的な武家政権を樹立すると、鎌倉には多くの御家人達が集まり、鎌倉幕府に奉公するようになっていった。

 今回取り上げる山内首藤氏は、源頼朝が鎌倉に入る以前から、今の北鎌倉と横浜市戸塚区・栄区一帯にあった広大な荘園、山内荘の管理に関わった北鎌倉ゆかりの御家人である。

 山内首藤氏は源氏累代の家人として頼朝の父義朝に従い、保元の乱や平治の乱で活躍した。頼朝挙兵時の当主経俊は、はじめは頼朝に敵対したが、後に許されると数々の戦いで活躍し、各地の地頭職を賜わり、一族は広がっていった。

 北条氏が鎌倉で勢力を伸ばすと、山内首藤氏は山内荘を離れ、鎌倉時代後期に備後国(今の広島県東部)地毘荘に腰を下ろした。そして荘内に鎌倉から鶴岡八幡宮を勧請したという。戦国時代には備後国の有力国人として一大勢力を築いた。広島県庄原市本郷町には、山内首藤氏の築いた甲山城跡が県指定史跡として保存されている。城跡の一角には菩提寺の円通寺(本堂は天文年間の建立で国の重要文化財)が残っており、今も往時を偲ばせている。

 このように北鎌倉ゆかりの山内首藤氏は、遠く離れた備後国に足跡を残した。鎌倉時代に東国から西国へ移った御家人は数多く、これを西遷御家人という。彼らは東西の文化を融合し、後の地域社会形成に大きな影響を与えていった。浮田定則

鎌倉版のコラム最新6

すべての道は"鎌倉"に通ず(足立氏)

鎌倉のとっておき 〈第119回〉

すべての道は"鎌倉"に通ず(足立氏)

9月3日号

鎌倉武士の鑑(かがみ)、畠山重忠

鎌倉のとっておき 〈第118回〉

鎌倉武士の鑑(かがみ)、畠山重忠

8月27日号

鎌倉の音を訪ねて

鎌倉のとっておき 〈第117回〉

鎌倉の音を訪ねて

8月20日号

武士の魂、鎌倉に宿る

鎌倉のとっておき 〈第116回〉

武士の魂、鎌倉に宿る

7月23日号

鎌倉と御家人〜山内首藤氏〜

鎌倉のとっておき 〈第115回〉

鎌倉と御家人〜山内首藤氏〜

7月16日号

頼朝の幼なじみ、東奔西走する!(中原氏)

鎌倉のとっておき 〈第114回〉

頼朝の幼なじみ、東奔西走する!(中原氏)

7月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook