鎌倉版 掲載号:2021年8月27日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第118回〉 鎌倉武士の鑑(かがみ)、畠山重忠

掲載号:2021年8月27日号

  • LINE
  • hatena
雪ノ下にある「畠山重忠邸址」
雪ノ下にある「畠山重忠邸址」

 源頼朝を支えた武士に畠山重忠がいた。重忠は、頼朝が平家打倒で挙兵した際には平家方だったが、頼朝が石橋山(小田原市)の戦いで敗れて安房へ逃れた後、巻き返して大軍を率いて重忠のいる武蔵に迫ると頼朝に恭順した。その後の合戦で、源氏軍の先陣を務めて戦うなど武功を挙げ、忠誠心を認められた重忠は、頼朝から次期将軍、源頼家の補佐を託されるまでになったという。

 重忠には、こんなエピソードがある。鎌倉期の軍記物語『源平盛衰記』によれば、源義経の鵯越(ひよどりごえ)の逆落としで有名な一ノ谷の戦いの際、「大切な馬に怪我をさせてはいけない」と自分の馬を背負って鵯越の急な崖を下ったのだという。

 また、幕府の歴史書『吾妻鏡』によれば、謀反の疑いをかけられ、潔白を証明するために起請文を書くよう求められた重忠は、「起請文は発言に疑いある者に書かせるもので、自分は心と言葉を違える者ではなく書く必要はない」と断ったという。これを聞いた頼朝はそれ以上の詮索はしなかったと記されている。

 頼朝亡き後、1205年重忠は、執権の北条時政とその妻、牧の方の謀略により、二俣川(横浜市)にて数千騎の北条軍と僅(わず)か百数十騎で戦うことになるが、逃げることなく潔く戦い、武士の本懐を遂げる道を選んだのだという。こうして重忠は、実直で清廉潔白な鎌倉武士として、後世にその名を残したのである。

石塚裕之
 

鎌倉版のコラム最新6

源頼朝の妻、政子のほかにも

鎌倉のとっておき 〈第120回〉

源頼朝の妻、政子のほかにも

10月8日号

すべての道は"鎌倉"に通ず(足立氏)

鎌倉のとっておき 〈第119回〉

すべての道は"鎌倉"に通ず(足立氏)

9月3日号

鎌倉武士の鑑(かがみ)、畠山重忠

鎌倉のとっておき 〈第118回〉

鎌倉武士の鑑(かがみ)、畠山重忠

8月27日号

鎌倉の音を訪ねて

鎌倉のとっておき 〈第117回〉

鎌倉の音を訪ねて

8月20日号

武士の魂、鎌倉に宿る

鎌倉のとっておき 〈第116回〉

武士の魂、鎌倉に宿る

7月23日号

鎌倉と御家人〜山内首藤氏〜

鎌倉のとっておき 〈第115回〉

鎌倉と御家人〜山内首藤氏〜

7月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook