鎌倉版 掲載号:2022年3月25日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第127回〉 鎌倉と幻の潟湖(せきこ)

掲載号:2022年3月25日号

  • LINE
  • hatena

 治承4(1180)年源頼朝が入り都市としての発展を遂げたイメージの強い鎌倉。しかしかつて鎌倉郡の郡家(ぐうけ)(郡衙)が置かれ、相模国にあった8郡の1つとして、行政の中心地であったことはあまり知られていない。

 郡家は陸路と水路が交わる交通の要衝に築かれ、郡内の税を集め都へ運んだ。鎌倉は相模国と三浦半島・房総半島を結ぶ重要な地であった。

 鎌倉郡家が置かれた当時の海面は、今より4mほど高かったといわれ、船はかなり内陸まで入って来ることができたようだ。干満の差で絶えず河口付近の流れと水位は変化し、この差を利用して船は出入りした。

 滑川の流路は今と昔では少し違うが、河口付近には砂州が形成され、細長い砂丘が内側に静かな水面を生み出していた。これが潟湖である。潟湖は外海と隔てられているため波は穏やかで、喫水の浅い古代の船が停泊するには最適な港であった。鎌倉の潟湖は今の材木座(滑川側)付近にあり、河尻や沼浦という地名が往時を偲ばせる。

 北鎌倉にある新居山円応寺は、かつて潟湖を形作った砂丘上にあり、新居の閻魔堂と呼ばれた。このためこの辺りを流れる滑川は「閻魔川」ともいわれる。新居の閻魔堂は、江戸時代の地震で大破し現在地に移った。そして今も閻魔様を祀り続けている。

 海面の後退とともにいつしか潟湖は姿を消した。しかしその痕跡は古代都市鎌倉の象徴として、今も歴史に刻まれ続けている。  浮田定則

鎌倉版のコラム最新6

かまくら花めぐり(妙本寺)

鎌倉のとっておき 〈第131回〉

かまくら花めぐり(妙本寺)

6月3日号

今から始める相続の準備

仏行寺と二つの塚

鎌倉のとっておき 〈第130回〉

仏行寺と二つの塚

5月13日号

鎌倉と御家人〜長尾氏〜

鎌倉のとっておき 〈第129回〉

鎌倉と御家人〜長尾氏〜

4月22日号

かまくら花めぐり

かまくら花めぐり

(東慶寺)

4月8日号

鎌倉と幻の潟湖(せきこ)

鎌倉のとっておき 〈第127回〉

鎌倉と幻の潟湖(せきこ)

3月25日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook