神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2022年10月7日 エリアトップへ

湘南鎌倉総合病院の院長に就任した 小林 修三さん 七里ガ浜在住 67歳

公開:2022年10月7日

  • X
  • LINE
  • hatena

まっすぐ進むだけ

 ○…新院長が描く理想の病院像はこうだ。病気の母親を連れ、不安いっぱいで湘南鎌倉総合病院を訪れた娘。医師の診察を終え、「お大事に」と看護師に見送られる親子。帰り際、娘はうれしそうに母に言う。「この病院に来て良かったね。あとは任せよう」と。

 ○…9月に院長就任。昨春に先端医療センター、今春には救命救急センター・外傷センターを開設した湘南鎌倉総合病院。最先端医療を取り入れつつ、弱者を取り残さない医療にも心血を注ぐ。「親切でわかりやすく、心地良く。誰にでもやさしい病院でありたい」と語る。

 ○…大阪生まれ。幼少期、気管支喘息で通院していた。その時、両親の「医者はすごいね」という会話が耳に残り、医師の存在が膨らんでいった。家庭教師に付いてくれた学生が医大生で、「そのお兄ちゃんの影響を多分に受けた。クラシック音楽の魅力をいっぱい教えてくれてね」と口もとが緩む。浜松医科大学を卒業し、腎臓内科を専門に大学病院などを経て、23年前に湘南鎌倉総合病院へ。副院長、院長代行を歴任してきた。

 ○…オフの顔はさまざま。ゴルフ、釣り、ワイン。そして、「家庭教師に習った」クラシックでは、自身もクラリネット奏者としてプロと共演。理事長を務めるNPO法人「癒しの医療を考える会」でも、医療講演とコンサートを融合したイベントを開催している。

 ○…『救急を断らない』で知られる同院。新型コロナの感染が拡大した8月には、県内外から過去最多となる2400件の救急搬送を受け入れた。実に15分に1台、救急車が飛び込んで来た計算だ。「断らないだけではなく”質の高い断らない医療”を追求していきたい」。訪れた人の喜ぶ顔を見るためにも。

鎌倉版の人物風土記最新6

尾林 功二さん

鎌倉市バスケットボール協会の会長に就任した

尾林 功二さん

山崎在住 53歳

4月12日

森 文男さん

鎌倉警察署長に就任した

森 文男さん

市内在住 59歳

4月5日

佐々木 卓栄さん

大船警察署長に就任した

佐々木 卓栄さん

市内在住 55歳

3月29日

伊藤 大晴さん

今季から鎌倉インテルの主将を務める

伊藤 大晴さん

横浜市在住 23歳

3月22日

田原 充さん

「鎌倉市障害者二千人雇用センター」のセンター長を務める

田原 充さん

腰越在住 50歳

3月15日

小畑 洲士さん

中高生探究コンテスト2024で最優秀賞を獲得した

小畑 洲士さん

御成町在住 17歳

3月8日

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook