神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2023年8月4日 エリアトップへ

8月1日付で鎌倉市教育長に就任した 高橋 洋平さん 山ノ内在住 41歳

公開:2023年8月4日

  • X
  • LINE
  • hatena

ワクワクを生み出す

 ○…鎌倉市立小中学校の教育行政を牽引する教育長に今月就任。1人1台のタブレット端末を活用した授業や、企業や団体と連携したプロジェクト型学習など、鎌倉市が先進的に取り組んできた教育をより加速させる。理想とする学校像は、「ワクワクが生まれる場」。子どもたちの好奇心や探究心に寄り添い、変化の激しい時代にも対応できる自立した学習者の育成を目指す。

 ○…宮城県登米市出身。同市の教育長を務めた父親と障害を持つ叔母の影響を受け、教育の道を志す。東北大学教育学部を卒業し、文部科学省に入省。学校教育のデジタル化や福島県での震災復興、米カリフォルニアに渡って現地の教育研究など、多角的に教育に携わってきた。文科省を退職した昨年は、合同会社で教育チームを立ち上げ、学校組織の働き方改革にも着手。「今までやってきたことを実装したい」と、培った経験を教育現場に落とし込む。

 ○…教育長就任を機に、妻とともに都内から市内山ノ内に転居。早速参加した地域の祭りでは、子ども神輿のサポート役を担い、地元の雰囲気を肌で感じている。休日の楽しみは料理。大学時代には料理研究会を立ち上げ、燻製やアクアパッツァを得意とする。「鎌倉で獲れた新鮮な魚を使った料理にも挑戦したいですね」

 ○…夏休み前には、岩岡寛人前教育長とともに市内の小中学校を訪問。「すべての答えは現場にある」と話し、子どもたちや教職員との対話を大切にする。「鎌倉については知らないことばかり。いろんな方に教えてもらいながら課題を解決していきたい」と意気込む。鎌倉と聞いて思い浮かぶのは、歴史や文化、自然。そこに「教育」が入るようなワクワクする環境を作り出す。

鎌倉版の人物風土記最新6

平野 理恵さん

ゴミフェス532(5/26・鎌倉駅周辺)をプロデュースする

平野 理恵さん

腰越在住 49歳

5月17日

森田 和夫さん

みらいふる鎌倉(鎌倉市老人クラブ連合会)の会長に就任した

森田 和夫さん

笛田在住 84歳

5月10日

杉内 重太さん

鎌倉湘南地区のコンソーシアムサポーターを務める

杉内 重太さん

西鎌倉在住 72歳

5月3日

杉内 重太さん

鎌倉湘南地区のコンソーシアムサポーターを務める

杉内 重太さん

西鎌倉在住 72歳

4月26日

斉藤 正朗さん

鎌倉商工会議所青年部の会長に就任した

斉藤 正朗さん

横浜市在住 44歳

4月26日

松原 駿吾さん

鎌倉青少年会館のリニューアル実行委員を務める

松原 駿吾さん

鎌倉学園高校 15歳

4月19日

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook