茅ヶ崎版 掲載号:2013年6月28日号
  • googleplus
  • LINE

第15回「赤羽根」 茅ヶ崎の轍(わだち) 協力/茅ヶ崎市文化資料館

宝積寺には村野もと子の顕彰碑が建つ
宝積寺には村野もと子の顕彰碑が建つ

 赤羽根では、明治時代初期に村内を15に区分し、田、畑、宅地、山林などを残らず描いた絵図と台帳をつくり、一番から始まる通し番号を付けました。その絵図を「字限図」といいます。それぞれに「一図」、「二図」…「十五図」と全15枚を名付けました。小和田小の北辺りのバス停「六図」はその名の一つです。

 赤羽根村は、北側の丘陵に沿って東西に細長く集落が開け、その南側には水田が広がっていました。村の南側の大山道(県道伊勢原藤沢線)沿いには、点々と俳句や短歌を刻んだ碑があります。

 バス停「六図」の近くに共同墓地があり、7基の墓石に辞世と思われる句が彫ってあります。その中で、1840(天保11)年没の春登(島村氏)の句を紹介します。

土器(かわらけ)は土に戻って青葉山

 この墓地の約200メートル西側の共同墓地にも、3基の墓石に句があります。

 また、宝積寺の墓地にも江戸時代の歌人として知られる村野もと子(小沢氏)とその母白羊、兄飯哥などの墓石に歌や句があります。

 赤羽根村の範囲には紹介しきれないほど沢山の句があります。19世紀になると、当地の文化が豊かだったことを知ることができます。

【参考文献/茅ヶ崎市史1】
 

ラスカ茅ヶ崎桜スイーツ福袋販売

春のおすすめ14種類の桜スイーツが大集合!

http://www.lusca.co.jp/chigasaki/

<PR>

茅ヶ崎版のコラム最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大島泰毅&家族展

市民ギャラリー

大島泰毅&家族展

4月4日~4月8日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク