茅ヶ崎版 掲載号:2016年6月3日号 エリアトップへ

茅ヶ崎の轍(わだち) 第45回(後編) 道編「赤羽根の道」 協力/茅ヶ崎市文化資料館

掲載号:2016年6月3日号

  • LINE
  • hatena
堤道(赤羽根道)
堤道(赤羽根道)

堤道・赤羽根道

 赤羽根の稲荷山宝積寺の東側にある上赤羽根堤線の交差点から、北(山側)に登る坂道は西の坂といいます。この名は上赤羽根集落の西にあるから、または坂の西側にある、江戸時代に赤羽根村の名主を務めた小沢家(歌人の村野もと子の生家でもある)が村人から大西と呼ばれていたので、大西の坂や西の坂と呼んだことに由来するようです。

 この坂を登って行くと、西側に天王山といわれる所があります。この辺りには明治の初め頃まで上赤羽根集落の鎮守で牛頭天王(お天王様)が祀られていましたが、現在は八雲大神と改称し下赤羽根の神明大神に合祀され、神輿堂だけが坂を下った辺りにあります。天王山辺りを左に入り、堤、芹沢へと続く道は堤道といい、堤の集落から見た場合は赤羽根道といいます。

 宝積寺の山門前に庚申塔(造立年代は不詳)があります。道標にもなっていたようで、側面に「右芹沢道左□村道」(□は堤と思われます)と記され、昔はこの道筋にあったものと思われます。昭和35年(1960)頃にゴルフ場の建設に伴い敷地内の道は廃道となり、その道筋も今は定かではありません。この道の付け替えでできた道路が、現在の上赤羽根堤線です。
 

茅ヶ崎版のコラム最新6

自閉症者の家族から...

連載「広げよう心のバリアフリー」【6】

自閉症者の家族から...

5月13日号

世界が切り替わる魔法の言葉

連載Vol.3

世界が切り替わる魔法の言葉

5月13日号

腸活ボーイ®

文教大学 笠岡 誠一 教授

腸活ボーイ®

連載 Vol.6

5月13日号

博物館開館ものがたり

茅ヶ崎市文化資料館

博物館開館ものがたり

-連載vol.1-

4月15日号

TAKAKOのfabulous LIFE

人生を味わい尽くす 第5回

TAKAKOのfabulous LIFE

4月15日号

腸活ボーイ®

文教大学 笠岡 誠一 教授

腸活ボーイ®

連載 Vol.5

4月8日号

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook