茅ヶ崎版 掲載号:2018年9月21日号 エリアトップへ

高校バスケ 仲間の復帰飾る県V アレセイアが全国へ

スポーツ

掲載号:2018年9月21日号

  • LINE
  • hatena
2連覇のメンバー、前列右から2人目が山城さん=海老名総合体育館
2連覇のメンバー、前列右から2人目が山城さん=海老名総合体育館

 高校バスケ最高峰の大会「ウインターカップ」(12月)の予選を兼ねた「神奈川県高等学校秋季バスケットボール大会」が、9月17日まで海老名などで開催され、女子はアレセイア湘南高校が2連覇を達成した。同校のウインターカップ出場は、2年連続2回目。

 冬の新人戦、春の関東大会予選、夏のインターハイ予選と3つの県大会を制してきたアレセイア。4冠をかけた今大会でも”走り勝つバスケ”で強さを見せつけた。

 準々決勝は相模女子大高を78―49で退け、準決勝は105―21で市ヶ尾高を圧倒。迎えた17日の決勝では、ともにインターハイに出場した鵠沼高と、1校にしか与えられない出場権を争った。

 アレセイアは序盤から主導権を握り、古木梨子さん(2年)のドリブルシュートや渡辺菜緒さん(3年)の3ポイントシュート、宮優里奈主将(3年)の高さを活かした得点などで終始リード。71―57で2年連続優勝を果たした。それでも宮主将は「内容がダメ。パスミス、簡単なシュートミスが多かった」と反省を口にし、決勝でチーム最多の21得点をあげた古木さんも「全国までにもっとシュート練習をして、30点は取りたい」と語った。

手術乗り越え

 アレセイアにとって満足のいく大会とはならなかったものの、うれしい収穫もあった。今年3月、練習中に右ひざの前十字靭帯を断裂した副主将・山城七海さん(3年)が、半年ぶりに実戦復帰。5月に手術し、ウインターカップを目指してリハビリに励んできた。「諦めかけたこともあったけれど、支えてくれたみんなに感謝」(山城さん)。本来のプレーにはまだ遠いが「全国ではみんなを助けるプレーがしたい」と声を弾ませた。

ラスカ茅ヶ崎・平塚・小田原

11月26日(木)から29日(日)はJREポイント5倍キャンペーンを実施!

http://www.lusca.co.jp/

<PR>

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

ワークスペース各地で誕生

ワークスペース各地で誕生 経済

多様化する働き方に対応

11月20日号

ヴィグラスが4部門V

ヴィグラスが4部門V スポーツ

エアロビック全日本大会

11月20日号

相模線発車音に加山さんを

相模線発車音に加山さんを 社会

変更求め署名スタート

11月13日号

"腸活"で3団体コラボ

"腸活"で3団体コラボ 経済

11月16日からイベント

11月13日号

冬のひまわり「名所に」

冬のひまわり「名所に」 社会

萩園の畑に500本初開花

11月6日号

新たな働き方をサポート

茅ヶ崎市・損害保険会社

新たな働き方をサポート 経済

企業対象 16日から動画配信

11月6日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク