茅ヶ崎版 掲載号:2019年2月1日号 エリアトップへ

男子児童いじめ問題 学校、市教委の対応「不適切」 調査報告受け再発防止へ

教育

掲載号:2019年2月1日号

  • LINE
  • hatena
1月25日の記者会見で謝罪する市教育委員会の神原聡教育長(中央)、中山早恵子教育推進部長(左)、吉野利彦教育指導担当部長(右)
1月25日の記者会見で謝罪する市教育委員会の神原聡教育長(中央)、中山早恵子教育推進部長(左)、吉野利彦教育指導担当部長(右)

 市内小学5年生の男子児童が2年時に受けたいじめによって2年以上不登校となっていた問題で、第三者委員会が昨年12月に公表した調査報告書で担任の女性教諭や学校、市教育委員会の対応が「不適切」だったと指摘した。これを受けて教育委員会は1月25日、市役所で記者会見を開き、再発防止に向けた方針を明らかにした。

 2015年5月の校内での集団暴行発生から翌16年3月に被害児童の保護者がいじめを訴えるまで、担任などが対応を怠った今回の一件。3年生になった被害児童は4月以降に不登校となり、PTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症した。

 いじめ認知後、学校が加害児童5人を中心に聞き取り調査を進めるも進展が見られず、被害児童の保護者からの訴えによって大学講師や精神科医らで構成する第三者委員会が16年11月から調査を開始。調査中の17年12月には、学校から担任への聞き取りで「単なる遊びの延長」から「いじめはあったが見過ごそうとしていた」と証言を翻したにも関わらず、報告を受けた教育委員会から第三者委員会へは口頭のみで伝え、15点中12点の資料が提出されず。18年2月に第三者委員会がまとめた報告書にも反映されなかった。

 当時の服部信明市長は追加調査の必要があると判断して引き続き調査が行われ、最終報告書が昨年12月に公表された。

教科担任制拡充情報共有を徹底

 調査で対応が不適切とされた担任、学校、教育委員会。昨年4月から教育関係者で進められてきた「いじめの重大事態に関する再発防止検討報告書」を発表した1月25日の会見でも、神原聡教育長は「事態の長期化、重大化を招き責任の重さを感じている」と謝罪し、「強い決意を持って再発防止へ臨みたい」とした。

 教育委員会は昨年7月からスクールソーシャルワーカーを増員し、今年1月にはいじめ問題が発生した時に対応する弁護士を市職員として配置。今回示した再発防止策には、複数の教員の目が届くよう小学校の教科担任制の拡充や、学校で実施する生活習慣アンケートの結果を担任だけでなく多くの教員で共有することなども盛り込まれた。

 被害児童の父親(38)は「絶対に実現させてほしい」と述べ、母親(38)は「友達にやさしく、いじめはダメということを学ばせてほしい」と話した。被害児童は昨年9月に転校。両親は未だ実現していない加害者側からの「うそのない心からの謝罪」を懇願している。

いじめ問題 両親からの手記

 当然の事ではありますが、一番大切なのは命です。

 深刻ないじめを受けている最中でも、学校に行かなくてはいけないと思わせてしまう、この日本の環境自体がすでに大問題。学校という存在があるため逃げられません。

 息子はいじめがエスカレートする中、”殺される”や”耐えるしかない”と思っていたそうです。それでも子どもは学校に行ってしまう。それ以外の選択肢を子どもは知らない。いじめられて苦しむくらいなら、命を失うくらいなら学校など行かなくてもいいのです。大切なのは命。大人は子どもたちにしっかりと善悪を教え、命の大切さを伝える事がとても大切です。

 学校と地域密着で連携を取り、子どもたちが安心・安全に学校に通う環境づくりが必要です。ただとても残念なのが、茅ヶ崎市の教育委員会や校長たちとは連携を取る事ができませんでした。いじめを放置・加担し、発覚すると隠ぺいに走ってしまいます。我が家にとって、それは恐ろしい事実でした。

 息子のいじめの件を例に挙げると、校長・担任・同学年の全担任・補助員は息子のリンチを皆見ていたが、助けてくれるのは教師ではない補助員だけだったと話しました。今の段階で教師たちは信頼できません。熱心に頑張られている教師の方々が苦しんでしまっています。アンケートはとても大切ですが、悪い教師が簡単に隠ぺいできてしまう。なのであれば、校内に防犯カメラを設置したり、警察を配置したりして頂くしかありません。

 いじめの被害者は、初めは助けを求めます。ただ、エスカレートすると声が出せなくなります。それはいじめにより、心を支配されてしまい、”報復の恐怖”一色になるからです。いじめは犯罪です。大人は子どもに犯罪行為をさせてはいけない。

 加害者や悪い事をしようとした方々に問いたい。自分が同じ事をされたらどう思う?いじめは理不尽で、不平等以外何もない。いじめは社会問題なのです。



2019年1月27日

父(38)・母(38)

本紙に寄せられた手記
本紙に寄せられた手記

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

松田詩野さん、東京五輪へ

サーフィン

松田詩野さん、東京五輪へ スポーツ

条件付きで出場権獲得

9月20日号

対象外世帯に補助を

幼児教育・保育の無償化

対象外世帯に補助を 教育

陳情を市議会が採択

9月20日号

消費下支えに準備着々

消費下支えに準備着々 経済

10月から「プレミアム付商品券」

9月13日号

『HE-LOW2』が初上映

『HE-LOW2』が初上映 文化

聖地・茅ヶ崎にファンら集う

9月13日号

初の英語教科書が決定

公立小学校

初の英語教科書が決定 教育

話・聞・読・書のバランス評価

9月6日号

今年も「サザン芸術花火」

今年も「サザン芸術花火」 文化

サザンビーチで10月19日

9月6日号

振付師・島雄さん 世界を席巻

振付師・島雄さん 世界を席巻 スポーツ

ダンス大会で日本人初Vに導く

8月30日号

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

みんなで支える認知症

イベント

みんなで支える認知症

9月29日 オレンジDay

9月29日~9月29日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク