茅ヶ崎版 掲載号:2019年6月21日号 エリアトップへ

茅ケ崎署が2連覇 県警拳銃射撃大会で

社会

掲載号:2019年6月21日号

  • LINE
  • hatena
(左上から時計回りに)三芳警部補、渡辺巡査部長、江尻巡査長、井上警部補、上村巡査
(左上から時計回りに)三芳警部補、渡辺巡査部長、江尻巡査長、井上警部補、上村巡査

 神奈川県警察本部射撃場(横浜市栄区)で6月13日、「令和元年度 神奈川県警察拳銃射撃競技大会」が開催され、茅ケ崎警察署(田中勝署長)が警察署対抗競技A組の部(団体戦)で優勝を勝ち取った。同署は昨年初優勝を飾り、2年連続で優勝旗を持ち帰った。さらに、女性警察官個人の部で、メンバーの上村珠水巡査(25・地域第三課)が優勝した。

 射撃操作の技術向上などを目的に毎年行われ、今年で63回目の同大会。県内54署を所属人数の規模でAからCの3ブロックに分け、A組には18署が出場。3種の撃ち方でそれぞれ5発ずつ10点満点の的を狙い、計750点中、茅ケ崎署は699点だった。

「冷静なメンタル」重要

 拳銃射撃競技の全国大会出場経験を持つ井上賢巳(さとし)警部補(42・西久保駐在所)を監督に、三芳真警部補(46・小出駐在所)、渡辺雅人巡査部長(35・生活安全課)、江尻賢史巡査長(39・刑事第一課)、上村珠水巡査の5人1チームで出場した茅ケ崎警察署。井上警部補は、「冷静さを保つメンタルがとても重要。“連覇したい”などの“欲”を出してしまうと当たらない。緊張感を持ち、1人ひとりがしっかり集中できた結果」と話し、「でも、連覇できてうれしかったですね」と顔をほころばせた。

 低い姿勢で10m先の的を狙う「腰撃ち」、片膝をついて15m先の的を撃つ「膝撃ち」、15m先に設置された5カ所の標的を的確に撃ち抜く「高撃ち」の3種目で競われた同大会。拳銃を扱うという点から、限られた場所と時間でしか腕を磨くことができない。そこで、「弾を抜いた拳銃を構え、丁寧に引き金を引く」というイメージトレーニングで練習に励んだ。

トラブルはねのけ1位

 県内から63人が出場した女性警察官個人の部で優勝した上村巡査は、大会時トラブルに見舞われた。拳銃の部品の破損がみつかり、急きょ借り物の拳銃で出場することになったのだ。「冷静さ」が重要とされる競技で、「とても焦った」と振り返るが、日ごろの鍛錬の成果を見事発揮した。

 田中署長は、「団体も個人もすばらしい結果。これからも地域の安全・安心の実現に貢献してもらいたい」と話した。

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

一中生が男女で優勝

全国中学柔道大会

一中生が男女で優勝 スポーツ

ともに最重量級制す

9月17日号

「茅ヶ崎の製糸場」に迫る

「茅ヶ崎の製糸場」に迫る 文化

「丸博友の会」5周年企画

9月17日号

最年少でW杯代表入り

フットサル

最年少でW杯代表入り スポーツ

堤在住・毛利元亮選手

9月10日号

市民参加で郷土史研究

「ゆかりラボ」10月スタート

市民参加で郷土史研究 文化

9月10日号

10月末接種完了目指す

新型コロナワクチン

10月末接種完了目指す 社会

対象年齢を「12歳以上」に

9月3日号

午前中で授業切り上げ

市立小中学校

午前中で授業切り上げ 教育

部活動も原則休止

9月3日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook