茅ヶ崎版 掲載号:2020年3月13日号 エリアトップへ

「第15回全フライトエアロビック選手権大会」で3連覇した 小松田 葵さん 香川出身 28歳

掲載号:2020年3月13日号

  • LINE
  • hatena

いつまでも現役で

 ○…エアロビック競技の中でも、子どもから60歳以上まで部門があり、よりフィットネスに近い「フライト競技」。その全国大会で3連覇を成し遂げた。市内の「アステム湘南VIGOROU(ヴィグラス)S」(小林祐美代表)に所属し、「音楽にのって体を動かす楽しさをもっと知ってほしい」と普及にも腐心する。

 ○…市内香川出身。5歳の頃、当時講師をしていた小林さんの演技を見てエアロビックに魅了された。「自分もあんな風に舞台で輝きたい」。すぐには結果が出なかったが、小学2年のとき、フライト競技の地方大会で初優勝。自信を付け、その頃から技の難度を競う「公式競技」の全国大会にも挑戦した。小中高と部活動には脇目もふらず教室に通い、小林さんの指導で「どちらかと言うと内にこもるタイプ」だった自分の表現力に磨きをかけた。

 ○…大学卒業後、江の島の海鮮丼専門店「とびっちょ」に勤めながら練習に励んだ。「社会人になると引退する選手が多い中、続けてこられたのは感謝」と振り返る。2017年の世界大会出場を機に、公式競技での部門を世界大会につながるシニア1から、シニア2へ転向。併せて、自身の原点となるフライト競技に再び力を注ぐように。「後輩が育ってきたというのもあるが、一番はエアロビックをずっと続けていきたいから」。18年、19年の連覇に続き、持ち味の表現力で3連覇を勝ち取った。

 ○…職場で出会った夫と2人暮らし。音楽好きの夫からは競技で使用する選曲のアドバイスをもらうことも。現在は住まいの藤沢から稽古場へ通う。この道に導いてくれた小林さんを間近で見ながら、「自分も目標となれるような人物になりたい」。5月からの新シーズンに向け挑戦は続く。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

池田 美弥子さん

ギャラリー街路樹で個展を開く日本画家

池田 美弥子さん

矢畑在住 58歳

1月21日号

斉藤 進さん

茅ヶ崎市バリアフリー基本構想推進協議会の会長を務める

斉藤 進さん

秦野市在住 71歳

1月14日号

望月 信史さん

公益社団法人茅ヶ崎青年会議所2022年度理事長に就任した

望月 信史さん

下寺尾在住 38歳

1月1日号

鈴木 善明さん

鳥獣保護管理員を務め、自然保護功労者として神奈川県から表彰された

鈴木 善明さん

堤在住 76歳

12月24日号

大西 裕太さん

「湘南ビジネスコンテスト」でスタートアップ賞を受賞した

大西 裕太さん

元町在住 33歳

12月17日号

遠山 敬史さん

松下政経塾の塾長を務める

遠山 敬史さん

東京都在住 66歳

12月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

茅ヶ崎人の芸能を紐解く

ゆかりの人物館

茅ヶ崎人の芸能を紐解く

開高健記念館でも企画展

10月29日~3月27日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook