茅ヶ崎版 掲載号:2020年11月20日号 エリアトップへ

ヴィグラスが4部門V エアロビック全日本大会

スポーツ

掲載号:2020年11月20日号

  • LINE
  • hatena
後列左から山口さん、今村一歩さん、小松田さん、前列左から今村菜子さん、上田さん、鈴木さん
後列左から山口さん、今村一歩さん、小松田さん、前列左から今村菜子さん、上田さん、鈴木さん

 市内に拠点に置くエアロビックチーム「アステム湘南VIGOROUS」(ひばりが丘・小林祐美代表)の選手が、11月7日・8日に東京で開かれた「スズキジャパンカップ2020」に出場し、女子シングルで初優勝、トリオで2連覇など4部門で優勝に輝いた。6人は今大会の結果を受けて日本代表入りが内定。来春の世界大会へ向けて動き出す。

 体力トレーニングの「エアロビクス」をスポーツ競技に発展させた「エアロビック」。国内最高峰といわれる同大会では、地区予選を勝ち上がった選手が、年齢・性別・人数で分かれた各部門で技の実施・芸術・難度点を競った。

 「シニア1(17歳以上)女子シングル」では上田真穂さん(28)=人物風土記で紹介=が初優勝。「応援してくれた方々、コロナ禍でも練習ができる環境を整えてくれたコーチや、仲間たちに感謝したい」と話す。3位に入賞した鈴木風菜さん(19)は「ユース時代も含めて、シングル部門で初のメダル。素直にうれしい」と喜びをかみしめた。

 「シニア2(17〜44歳)女子シングル」では、小松田葵さん(29)が大会3連覇。「コロナで練習も難しい中、まず出場できたことがうれしい。若い世代が実力をつけてきているので、常に今の自分を超えていきたい」と思いを語った。

 「シニア1トリオ」では上田さん、鈴木さん、今村菜子さん(19)が大会2連覇を成し遂げた。上田さんは「2連覇をかけて少なからずプレッシャーはあった。100%満足な演技ではなかったので、次はもっと上を目指したい」と意気込んだ。

アクシデント乗り越え

 「シニア1グループ」には、小松田さん、上田さん、鈴木さん、今村菜子さん、今村一歩さん(17)が出場。参加は1チームのみだったが、基準点を超え、世界大会出場を決めた。

 実はもともと出場予定だった山口萌子さん(17)が大会2週間前に練習で前十字靭帯を断裂する怪我を負い、急遽上田さんが出場することに。山口さんはリハビリに集中し、来春の世界大会出場後、手術を受ける。「今大会は一番近くで先輩の演技を見て士気を高めた。悔しさをバネに、世界大会では立派な演技を見せたい」と前を向いた。

 ヴィグラスでは大会に向けて、インスタグラム(「アステム湘南VIGOROUS」で検索を) で開催日までのカウントダウン動画などを配信中。「チームのことを知ってぜひ応援してください」とメンバー。

 来春の世界大会には、女子シングルの上田さん、トリオ、グループが出場内定を決めている。

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

孤独増すコロナ下の出産

孤独増すコロナ下の出産 社会

「当たり前」ができない

1月15日号

宣言下の時短営業始まる

宣言下の時短営業始まる 社会

公共施設も午後8時まで

1月15日号

茅ヶ崎の人口が最多更新中

茅ヶ崎の人口が最多更新中 社会

コロナ下の転入の影響も

1月8日号

帽子代、家庭負担に「待った」

帽子代、家庭負担に「待った」 教育

市内企業が小学校へ寄贈

1月8日号

新スタンダードは「適(ちょうどいい)」

新スタンダードは「適(ちょうどいい)」 政治

佐藤光市長 新春インタビュー

1月1日号

「新標準」動画で紹介

「新標準」動画で紹介 社会

YouTubeできょうから公開

1月1日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク