茅ヶ崎版 掲載号:2021年7月9日号 エリアトップへ

ピアニストとして今年4月から茅ヶ崎を中心に活動する 石崎 愛惟さん 市内在勤 29歳

掲載号:2021年7月9日号

  • LINE
  • hatena

クラシックを身近に

 ○…普段、練習している市内新栄町のハスキーズギャラリーで7月26日(月)、演奏会を行う。バイオリンと自身によるピアノとの協演で、フリッツ・クライスラーの音楽を奏でる。

 ○…愛媛県松山市出身。ピアノが趣味の母のと一緒に、3歳の頃から鍵盤に触れ始めた。母が奏でるショパンの曲は今でも思い出せる。小学5年生の時に「やるならちゃんとしなさい」という母の言葉で地元のピアノ教室へ。「毎日練習しないとダメになる。生活の一部だった」というピアノ。高校卒業後は、上京し「ピアノも勉強もできる」と東京学芸大学教育学部音楽科で学んだ。

 ○…大学時代に旅行でポーランドを訪問。国立ショパン音楽大学の開いていたホールでピアノを弾いていたところ、大学の教授に声をかけられた。4年生の時、進路に悩むも「発展している環境に身を置きたい」と教授に連絡をとり、同大学大学院進学を決意。クラシックの「敷居が高いイメージが癒しのイメージ」へと変化し、「身近でフランクでいいんだ」と気付いた。2017年にはグランドプライズビルトゥオーゾ国際音楽コンクールで1位に輝いたほか、オーケストラとの共演や舞台のピアノ演奏などを務めた。

 ○…今春から茅ヶ崎に。「松山もポーランドも茅ヶ崎もゆったりした空気感が似ている」と笑顔に。自身の経験を生かした英語でのピアノレッスンを湘南で開く。市内小学校で非常勤講師として子どもに音楽を教える。「できる限りのいい音楽を授業で届けたい」と話す。「聴いてくれた人が笑顔になれる幸せのお裾分け」をモットーに掲げ、日本とポーランドの良さを兼ね合わせた「クラシックのカジュアル化」をテーマに活動していく。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

佐々木 友路さん

9月から茅ヶ崎市倫理法人会の会長に就任した

佐々木 友路さん

藤沢市在住 41歳

9月24日号

原 俊一さん

5周年を迎えた「ちがさき丸ごとふるさと発見博物館友の会」(丸博友の会)事務局長

原 俊一さん

東海岸北在住 73歳

9月17日号

石田 省三郎さん

神奈川県美術展・写真部門で準大賞を受賞した

石田 省三郎さん

白浜町在住 75歳

9月10日号

千葉 雅英さん

藤沢税務署長に7月、就任した

千葉 雅英さん

横浜市在住 60歳

9月3日号

本柳 とみ子さん

オーストラリアの学校事情をまとめた『コアラの国の教育レシピ』を出版した

本柳 とみ子さん

菱沼海岸在住 67歳

8月27日号

横溝 さやかさん

ともいきアートの象徴絵画を制作した

横溝 さやかさん

市内在住 34歳

8月20日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook