茅ヶ崎版 掲載号:2021年9月17日号 エリアトップへ

茅ヶ崎市文化資料館 おうちでミュージアム 連載Vol.16

掲載号:2021年9月17日号

  • LINE
  • hatena
(右)「南湖院外来受診規定」表紙(左)「南湖院外来受診規定」往診料
(右)「南湖院外来受診規定」表紙(左)「南湖院外来受診規定」往診料

南湖院外来受診規定(なんこいんがいらいじゅしんきてい)

 感染症の一つである結核は、日本において1950年代まで「国民病」「亡国病」と呼ばれて恐れられ、死亡原因の第1位でした。

 戦前の茅ヶ崎には、「南湖院(なんこいん)」という大きな結核療養所(サナトリウム)がありました。医師の高田畊安(たかたこうあん)が明治時代に開院したこの療養所は、最盛期、現在の西浜中学・高校の周辺に約5万坪の敷地をもっていました。「東洋一」と称された理由もうなずけます。

 今回紹介するのは、昭和10(1935)年の「南湖院外来受診規定」です。表紙の南湖院の電話番号は「貮(に)番」とあります。かつて茅ヶ崎村の電話番号は、郵便局が1番、南湖院が2番、茅ヶ崎館が3番でした。近代茅ヶ崎の黎明(れいめい)期に、南湖院が果たした役割の大きさを伺い知ることができます。

 次に、往診料です。「院長 一時間金貮拾(にじゅう)圓(えん)」、つまり院長の往診料は1時間20円とあります。公務員の初任給が75円の当時。しかも「車馬(しゃば)料患家負擔(りょうかんかふたん)」、つまり院長の交通費は患者持ち。被用者保険は一部で始まったばかり、国民健康保険もまだ無く、気安く医者にかかれる時代ではありませんでした。
 

ブランチ茅ケ崎3 OPEN!

10月29日(金)AM10:00 NEW OPEN!詳しくはWEBサイトへ

https://www.branch-sc.com/chigasaki/

<PR>

茅ヶ崎版のコラム最新6

おうちでミュージアム

茅ヶ崎市文化資料館

おうちでミュージアム

連載Vol.17

10月15日号

顧客は小さな子どもさん

【6】ふくふくパン(幸町) パンの聖地茅ヶ崎

顧客は小さな子どもさん

9月17日号

おうちでミュージアム

茅ヶ崎市文化資料館

おうちでミュージアム

連載Vol.16

9月17日号

おうちでミュージアム

茅ヶ崎市文化資料館

おうちでミュージアム

連載Vol.15

8月20日号

古き良き茅ヶ崎の味とは

【5】ティンバーライ(南湖) パンの聖地茅ヶ崎

古き良き茅ヶ崎の味とは

8月6日号

おうちでミュージアム

茅ヶ崎市文化資料館

おうちでミュージアム

連載Vol.14

7月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook