茅ヶ崎版 掲載号:2021年9月17日号 エリアトップへ

5周年を迎えた「ちがさき丸ごとふるさと発見博物館友の会」(丸博友の会)事務局長 原 俊一さん 東海岸北在住 73歳

掲載号:2021年9月17日号

  • LINE
  • hatena

集めた資料、通称「原図書館」

 ○…「いろんなことに関心がありすぎて、自分でも困っている」。八の字の眉と目じりの皺に、たっぷりの愛嬌が宿る。茅ヶ崎の歴史や文化を学び合う「丸博友の会」の事務局長を務めて5年。収集してきた地元に関する資料は、仲間に「原図書館」と呼ばれるほどの分量だ。コロナ下で活動が制限される中、資料を基にレポートをメール配信。現在は10月に行う同会5周年記念講演会の準備に奔走する。

 ○…元から歴史好きではあったが、同会に関わり出したのは「自転車好き」が高じたため。市内ツーリングを企画するためには、地元の歴史を学ぶ必要があったのだ。その自転車は、50代で悪化した股関節のリハビリを目的に乗り始めた。ママチャリからクロスバイク、ロードバイクと変遷し、現在はミニベロと呼ばれる小型自転車が愛車。リハビリが奏功し、今でこそ自在に歩けるが、一時は杖をつく「交通弱者」だった。その経験から、自転車ルールの啓蒙活動に余念がない。

 ○…本村の農家の家に生まれる。幼い頃に父を亡くし、男手が少ないことから稲刈りや脱穀といった仕事を手伝ってきた。「米粒ひとつ落としても叱られた」という教育は、一つのことに集中したり、資料を大切にしたりするその後の人生観につながる。しかしながら農家の必須条件「早起き」だけはどうしても克服できず、選んだのはサラリーマンの道だった。

 ○…旧家を巡り、捨てられないうちに資料を集めて回る。「これからは資料を基に、発信していくことにも力を入れていきたい」。世に問うことによって、新たな事実発見の呼び水としたい考えだ。そのすべては「知りたい」という情熱が駆動する。再び眉じりと目じりを下げて言う。「関心がありすぎて困る」

ブランチ茅ケ崎3 OPEN!

10月29日(金)AM10:00 NEW OPEN!詳しくはWEBサイトへ

https://www.branch-sc.com/chigasaki/

<PR>

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

山口 智さん

湘南ベルマーレの新監督に9月1日付で就任した

山口 智さん

市内在住 43歳

10月22日号

高村 えり子さん

9月28日に産後の母親に向けたサイトを開設した「ママほぐ」の代表

高村 えり子さん

市内在住 34歳

10月15日号

三上 勝之さん

筋肉自慢が集う「福島ッスル」で準優勝した

三上 勝之さん

元町在住 30歳

10月8日号

小林 勝さん

20周年を迎えた茅ヶ崎ダンススポーツ連盟会長

小林 勝さん

藤沢市在住 69歳

10月1日号

佐々木 友路さん

9月から茅ヶ崎市倫理法人会の会長に就任した

佐々木 友路さん

藤沢市在住 41歳

9月24日号

原 俊一さん

5周年を迎えた「ちがさき丸ごとふるさと発見博物館友の会」(丸博友の会)事務局長

原 俊一さん

東海岸北在住 73歳

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook