茅ヶ崎版 掲載号:2021年10月29日号 エリアトップへ

初の短歌集『生きる』を出版した 粕谷 武雄さん 菱沼在住 87歳

掲載号:2021年10月29日号

  • LINE
  • hatena

人生の悲喜、歌に乗せて

 ○…20代半ばから専門誌や新聞に投稿し続けてきた約100首を掲載した初の短歌集『生きる』をこのほど、神奈川新聞社から出版した。「全くの我流だけれど、人生を振り返るつもりで」とはにかんだように笑う。

 ○…小学1年の時に母を、4年の時に父を亡くした。戦争が激しくなり、東京から母の実家があった新潟に疎開。「『とにかく生き抜かなくては』と常に思っていた」。新潟の農業高校を卒業後は、親戚が営む湯河原の旅館で働くように。高度成長期の追い風を受けて業績は順調。22歳で東京営業所長を任されるなど、忙しくも充実した日々を送っていた。

 ○…しかし24歳の時、不調を感じて病院に行くと「結核で余命半年から1年」と診断される。絶望のなか、当時、結婚を考えていた女性にも一方的に別れを告げる手紙を送った。そんなある日、ふと目が覚めると「夜ふけて病みたる胸の痛みなり四月の雨はかなしきものぞ」という短歌が浮かんだ。「人生最後のつもりで」短歌専門誌『アララギ』に送ると見事に掲載され「素直にうれしかった」。

 ○…その後、新薬による治療が効果を上げ、無事退院。30代に入ると静岡のリゾート施設運営会社に移って支配人や取締役を勤め、政財界や芸能界の要人とも交流を深めた。仕事一筋の人生の傍らにあったのが短歌。常にメモを持ち歩き、思いつくたびに書き連ねた。「50代で心臓病を70代で前立腺がんを患い、余命宣告も受けたけれど、そのたびに新しい薬や治療法が出て命をつなぐことができた。生かされてきたことの意味が何か、常に考えています」。最近は闘病中の妻を思う歌が多い。様々な浮沈を重ねたからこそ生まれる感情を、今日も三十一文字に置き換え続ける。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

池田 美弥子さん

ギャラリー街路樹で個展を開く日本画家

池田 美弥子さん

矢畑在住 58歳

1月21日号

斉藤 進さん

茅ヶ崎市バリアフリー基本構想推進協議会の会長を務める

斉藤 進さん

秦野市在住 71歳

1月14日号

望月 信史さん

公益社団法人茅ヶ崎青年会議所2022年度理事長に就任した

望月 信史さん

下寺尾在住 38歳

1月1日号

鈴木 善明さん

鳥獣保護管理員を務め、自然保護功労者として神奈川県から表彰された

鈴木 善明さん

堤在住 76歳

12月24日号

大西 裕太さん

「湘南ビジネスコンテスト」でスタートアップ賞を受賞した

大西 裕太さん

元町在住 33歳

12月17日号

遠山 敬史さん

松下政経塾の塾長を務める

遠山 敬史さん

東京都在住 66歳

12月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

茅ヶ崎人の芸能を紐解く

ゆかりの人物館

茅ヶ崎人の芸能を紐解く

開高健記念館でも企画展

10月29日~3月27日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook