茅ヶ崎版 掲載号:2021年11月5日号 エリアトップへ

【7】茅ヶ崎ベーカリー(東海岸北) パンの聖地茅ヶ崎 人の上にパンを置かない

掲載号:2021年11月5日号

  • LINE
  • hatena

 鉄砲道の真ん中より少し東寄りに、純白の建物が立っている。壁には「茅ヶ崎ベーカリー」の文字。もちろんパンを作って売っているが、正式には社会福祉法人翔の会の生活介護事業所である(2019年設立)。主任の岩下誠大さんが言う。

「ここは障害は重いけれど仕事に挑戦したいメンバーさんに、なるべく高い賃金を払いたいという思いで立ち上げた事業所なんです」

 生活介護事業所は丸一カ月働いても数千円しか貰えないのが実情だが、茅ヶ崎ベーカリーでひと月働けば5万円近い賃金が貰える。そもそもパン作りは障害者に向いているし、障害者が使いやすい機材を揃えていることも大きい。

「パン作りは工程が多いので、メンバーさんの個性に合った工程を割り振りしやすいんです」

 とは言うものの岩下さん自身パン作りはど素人だった。寒川の湘南そると、元町のウチキパン、福岡のSimonで修業を積みメンバーさんと一緒に腕を磨いてきた。

「名物のソフトフランスはSimonさんの直伝です。メンバーさんがパンを作る技術に誇りを持ち、接客を通してコミュニケーション能力を高めたことで、表情が生き生きとしてきたのが嬉しいですね」

 予約だけで完売することもある人気の角型食パンは、耳はカリっと硬めなのに中はしっとりしていて、一流店の味だが......。

「うちの主役はあくまでもメンバーさんです。おいしいパンだけでなく、頑張るメンバーさんの姿もぜひ見てほしいですね」

 売り場から厨房が見渡せる設計なのは、メンバーさんの活躍を訪れる人に見てもらうためだ。

茅ヶ崎版のコラム最新6

おうちでミュージアム

茅ヶ崎市文化資料館

おうちでミュージアム

連載Vol.20

1月21日号

視覚障がい者×店内における物探し

連載「広げよう心のバリアフリー」【2】

視覚障がい者×店内における物探し

1月14日号

腸活ボーイ®

文教大学 笠岡 誠一 教授

腸活ボーイ®

連載 Vol.2

1月14日号

TAKAKOのfabulous LIFE

人生を味わい尽くす

TAKAKOのfabulous LIFE

1月7日号

SPiCYSOLのチガサキ推し!

連載Vol.1 KENNYが茅ヶ崎をホームと呼びたい理由

SPiCYSOLのチガサキ推し!

1月1日号

おうちでミュージアム

茅ヶ崎市文化資料館

おうちでミュージアム

連載Vol.19

12月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

茅ヶ崎人の芸能を紐解く

ゆかりの人物館

茅ヶ崎人の芸能を紐解く

開高健記念館でも企画展

10月29日~3月27日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook