茅ヶ崎版 掲載号:2021年12月3日号 エリアトップへ

交通安全功労者として茅ヶ崎警察署から表彰された(一財)茅ヶ崎地区交通安全協会会長 佐藤 たゑ子さん 茅ヶ崎在住 70歳

掲載号:2021年12月3日号

  • LINE
  • hatena

正義感と行動力で切り拓く

 ○…先日、長年の交通安全への協力から茅ケ崎警察署で表彰を受けた。29歳で(一財)茅ヶ崎地区交通安全協会に入会して以降、長きにわたり事務局長、4年前から会長を務める。茅ヶ崎・寒川で各シーズン行われる交通安全運動や地域行事の交通誘導、小学校での講習会、1月は箱根駅伝の誘導も控える。「至る所で市・町民のために活動してくださっているボランティアのおかげで安全が保たれている。彼らを支えたい」と話す。

 ○…協会の活動を通じて接する全国各地での交通事故の知らせに胸を痛めてきた。「事故は起こされた方だけでなく、起こした人も苦しむ」と訴える。特に茅ヶ崎市内では自転車の事故が多いことから「自転車も時には凶器になることを分かってほしい。道では互いがいがみ合うのではなく、相手への思いやりを持ってほしい」と願う。

 ○…出身は広島県竹原市。「幼い頃は女の子だけどわんぱくなタイプ。でも弱い者いじめは見過ごせなかった」。小学校では「男子が女子を泣かせると私の出番。正義感に駆られて反撃して泣かせていた」と振り返る。3姉妹の末っ子だが「姉からは『一番お姉さんらしい』と言われる」と、正義感とリーダーシップは生まれつきの様子。「興味のあることは何でも挑戦しなさい」という母の教えのもと、音楽や絵画、写真など様々な挑戦をしてきた。

 ○…45年前、結婚を機に茅ヶ崎へ。油絵は海外の展覧会に出展したこともある腕前で、「取材旅行」として世界各国を跳び回ってきた。「英語は日常会話程度。流れでなんとかなる」と持ち前の行動力を発揮。今はコロナで海外に行けない分、協会での活動に力を注ぐ。「茅ヶ崎がより安全になるよう動いていきたい」と話した。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

斉藤 進さん

茅ヶ崎市バリアフリー基本構想推進協議会の会長を務める

斉藤 進さん

秦野市在住 71歳

1月14日号

望月 信史さん

公益社団法人茅ヶ崎青年会議所2022年度理事長に就任した

望月 信史さん

下寺尾在住 38歳

1月1日号

鈴木 善明さん

鳥獣保護管理員を務め、自然保護功労者として神奈川県から表彰された

鈴木 善明さん

堤在住 76歳

12月24日号

大西 裕太さん

「湘南ビジネスコンテスト」でスタートアップ賞を受賞した

大西 裕太さん

元町在住 33歳

12月17日号

遠山 敬史さん

松下政経塾の塾長を務める

遠山 敬史さん

東京都在住 66歳

12月10日号

佐藤 たゑ子さん

交通安全功労者として茅ヶ崎警察署から表彰された(一財)茅ヶ崎地区交通安全協会会長

佐藤 たゑ子さん

茅ヶ崎在住 70歳

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook