茅ヶ崎版 掲載号:2022年1月14日号 エリアトップへ

連載「広げよう心のバリアフリー」【2】 視覚障がい者×店内における物探し

掲載号:2022年1月14日号

  • LINE
  • hatena
茅ヶ崎市バリアフリー基本構想推進協議会事務局【電話】0467-82-1111(茅ヶ崎市都市政策課内)
茅ヶ崎市バリアフリー基本構想推進協議会事務局【電話】0467-82-1111(茅ヶ崎市都市政策課内)

 白い杖(白杖)は視覚障がいのある方が使用し「周囲の情報を入手する」「身の安全を確保する」「視覚障がい者であることを周囲に知らせる」役割があります。誘導(手や肩を貸して案内する)を行う時は、視覚障がいのある方の半歩前に立ち、肘の上を持ってくださいと声をかけてから誘導してもらうと安心して歩くことができます。

 私は、料理が好きで買い物へ行きます。馴染みのお店では人気がある商品やお買い得品も教えていただき、買い物の楽しさが増しています。買い物での困り事は、店内の通路に物が置いてある時です。周りの状況がわからないので声をかけていただくと安心します。

 私には、日常生活で特に怖い場所があります。手すりの無い橋と言われる「駅のホーム」です。ホーム上で迷っている人やホーム端を歩いている人を見かけたら、声掛けをしてもらえると安心につながります。

 コロナ禍でソーシャルディスタンスが求められていますが、私たちは周りの方々の一言が安心につながります。こんな時だからこそ、暖かく助けを差し伸べる社会だったら安心して暮らせると思います。

制作/茅ヶ崎バリアフリー基本構想推進協議会市民部会

茅ヶ崎版のコラム最新6

博物館開館ものがたり

茅ヶ崎市文化資料館

博物館開館ものがたり

-連載Vol.6(最終回)-

8月12日号

腸活ボーイ®

連載 Vol.9 文教大学 笠岡 誠一 教授

腸活ボーイ®

8月12日号

世界が切り替わる魔法の言葉

連載Vol.6

世界が切り替わる魔法の言葉

8月5日号

TAKAKOのfabulous LIFE

人生を味わい尽くす 第8回

TAKAKOのfabulous LIFE

7月29日号

博物館開館ものがたり

茅ヶ崎市文化資料館

博物館開館ものがたり

番外編

7月22日号

腸活ボーイ®

連載 Vol.8 文教大学 笠岡 誠一 教授

腸活ボーイ®

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月8日0:00更新

  • 7月1日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook