茅ヶ崎版 掲載号:2022年6月10日号 エリアトップへ

連載 Vol.7 文教大学 笠岡 誠一 教授 腸活ボーイ®

掲載号:2022年6月10日号

  • LINE
  • hatena
参考書籍:車浮世『江戸っ子の食養生』(ワニブックス)より
参考書籍:車浮世『江戸っ子の食養生』(ワニブックス)より

今月のテーマ「江戸時代の腸活」

 腸内細菌を元気にする難消化性でんぷん(レジスタントスターチ)を摂取するには、お米がオススメです。なんと言っても日本の主食です。お茶碗1杯50円ほどで食べられます。

 食べ方の注意点が1つあります。食べる前に「冷ます」ことです。レジスタントスターチが増えるからです。その事を江戸時代の人達は理解していました。米を炊くのは1日1度朝だけです。昼はおにぎりとして職場に持っていき、夜はお茶漬けで食べていました。

 火事が頻発する江戸では、大工や左官などの職人が1日中忙しく働いていました。短時間で立ち食いできる寿司屋もありました。おにぎりにネタを載せたようなものです。もちろんシャリは冷めています。そうやって1日5合もの米を食べていたのです。生活習慣病という言葉はありませんでした。

 熱々ホカホカも美味しいですが、少し冷まして食べてください。腸内細菌も喜ぶはずです。

茅ヶ崎版のコラム最新6

博物館開館ものがたり

茅ヶ崎市文化資料館

博物館開館ものがたり

-連載Vol.6(最終回)-

8月12日号

腸活ボーイ®

連載 Vol.9 文教大学 笠岡 誠一 教授

腸活ボーイ®

8月12日号

世界が切り替わる魔法の言葉

連載Vol.6

世界が切り替わる魔法の言葉

8月5日号

TAKAKOのfabulous LIFE

人生を味わい尽くす 第8回

TAKAKOのfabulous LIFE

7月29日号

博物館開館ものがたり

茅ヶ崎市文化資料館

博物館開館ものがたり

番外編

7月22日号

腸活ボーイ®

連載 Vol.8 文教大学 笠岡 誠一 教授

腸活ボーイ®

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月8日0:00更新

  • 7月1日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook