神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
茅ヶ崎版 公開:2022年10月14日 エリアトップへ

ハンデ乗り越え「魔法書」探し 図書館で体験型ワークショップ

社会

公開:2022年10月14日

  • X
  • LINE
  • hatena
「魔法書」を探す子どもたち=池田さん提供
「魔法書」を探す子どもたち=池田さん提供

 3人1組となり、それぞれが「聴こえない」「見えない」「話せない」ハンデを体験しながらヒントを頼りに魔法書を探すワークショップ「こころで聴く図書館〜失われた魔法書を探せ!〜」が9月23日、茅ヶ崎市立図書館で開催されました。スタッフとして参加した池田美砂子さんに当日の様子をレポートしてもらいました。

 この日参加したのは小学生ら約20人。自己紹介の後、さっそく3人1組となりヘッドフォンを付けたりマスクやアイマスクをして、それぞれのハンデを担当します。

 ゲーム開始に当たって告げられたのは「聴こえない人は人に触ることができる」「話せない人は(文字やイラストを)書くことができる」「見えない人は魔法書(探し当てた書籍)に触ることができる」というルール。「お互いを思いやって進みましょう。大切なのは『誰ひとり取りのこさない』こと」というスタッフのアドバイスを胸に、いざ魔法書探しの冒険へ。

 探す魔法書(図書館の棚にある書籍)は3冊。スタッフから受け取ったヒントを、お互いのハンデに合わせて筆談なども交えて互いに伝えながらゲームが進んでいきます。最初は苦労していたコミュニケーションもどんどんスムーズになり、ミッションをクリアしていました。

 この日の最後には、それぞれの立場で体験した「聴こえない、見えない、話せない時に、困ったことうれしかったこと」などを付箋に書き出し、全体でシェア。イベントを主催した一般社団法人4Hearts代表で聴覚障害当事者の那須かおりさんは「実際に障害のある人と近い体験をすることで、どういう気持ちになるのか感じてください。そのうえで『どうしたらいいんだろう?』というところまで考えていくことがすごく大切です」と話しました。

 この日「どうしたら?」を必死で考えた子どもたちにとって、ストンと心に落ちる言葉だったのでしょう。記念写真での表情は、とても晴れやかでした。

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

小清水仏壇店

お彼岸ご奉仕会開催中!

http://www.chigasaki-saijyou.com/

<PR>

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

神奈川県、LINEアプリで子育て支援

【Web限定記事】

神奈川県、LINEアプリで子育て支援

子どもの成長、ニーズに合わせたタイムリーな情報を提供

2月24日

コスメ・衣料品・食品を引き取り

コスメ・衣料品・食品を引き取り

23、24日ラスカ茅ヶ崎で

2月23日

俳句の作り方を指導

俳句の作り方を指導

入門講座 2回開催

2月23日

児童にチョコ寄贈

メゾンカカオ

児童にチョコ寄贈

自然考えるきっかけに

2月23日

サポーターとの「一体感」力に

サポーターとの「一体感」力に

 新キャプテン キム・ミンテ選手(DF)

2月23日

パシフィックホテルの輝き

パシフィックホテルの輝き

25日トークイベント

2月23日

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 11月10日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook