平塚版 掲載号:2011年8月18日号
  • googleplus
  • LINE

被災地に「晩餐会」お届け 飲食店主が南三陸町で腕ふるう

歌津中学校に赴いた料理人ら
歌津中学校に赴いた料理人ら

 平塚駅南口に店を構える飲食店主らが5日、被災者に味自慢の料理を振舞おうと、宮城県南三陸町にある避難所の歌津中学校で「晩餐会」をプレゼントした。

 発起人となったのは、仏料理店マリー・ルイーズの尾鷲幸男さんと和食店いしけんの石川賢一さん。メゾン・ド・アッシュ×エムの相山洋明さんやバー・モノクロームの町田圭亮さん、寿司よしの高橋真一郎さんをはじめ、市外の料理人仲間や各店のスタッフも同行し、22名が避難所に赴いた。

 現地では仏料理のフルコースや寿司、ノンアルコールカクテルなど、豪勢な料理がビュッフェ形式で振舞われ、用意した300食は瞬く間になくなったという。

 尾鷲さんは「メインの牛肉の赤ワイン煮は、60kgの肉を仕込んだ。一流のものを食べて、活力にしてもらおうと思った」と話す。石川さんも「『寿司なんて何ヵ月ぶりだろう』と喜んでもらえた。1200貫出たが、こんなに握ったのは初めて」と笑顔で語った。

 店主らは、避難所訪問を企画していた市民団体「暮らしと耐震協議会」や「災害から未来を守る会」の呼びかけで、協力を名乗り出た。現地では落語やコンサート、線香花火大会なども行われたという。

平塚版のトップニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

飛騨高山の食つどう

飛騨高山の食つどう

22日から友好都市物産展

3月22日~3月26日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク