平塚版 掲載号:2015年8月6日号
  • googleplus
  • LINE

平塚市美術館「ペコちゃん展」を企画した同館学芸員 勝山 滋さん 小田原市在住 43歳

「今、美術館は面白いんです」

 ○…子連れや遠方からの来館者で賑わう展示会場。美術館の間口を広げる狙いが成功し、「どの世代にも受け入れられるペコちゃんは、元祖国民的アイドルですね」と穏やかな笑顔。2年間、他の企画展と並行して準備に奔走し、開催にこぎつけた。今は「少々燃え尽き気味」と笑う。

 ○…商業用カメラマンの父や親戚の建築家をあげ、「普通にサラリーマンが出来ない血が流れてる」と冗談めかした自己分析。子ども時代は、都内の自宅から美術館めぐりに明け暮れた。「美術館は日常を忘れられるようで居心地が良かった」と振り返る。「何らかの形で美術に携わる仕事がしたい」と、東京芸大の芸術学科に進学。日本美術院100周年史編纂室でのアルバイトをきっかけに、高崎タワー美術館の開館準備室を紹介され、卒業後の2年半を過ごした。平塚市美術館へは、前館長の福田徳樹氏からの誘いを受け、2000年に着任した。

 ○…休みの日も都内の展覧会に足を運び、企画や展示方法のヒントを探る熱心さ。自宅に帰れば中学一年生の息子を持つ父親だ。息子はサッカーや囲碁に夢中で「家ではあまり美術関係の話はしないですね」と頭をかく。

 ○…年に約2本の企画展を担当する。得意分野は近代日本美術だが、「何年かごとに、『もう日本画はいいや』ってなる」と、毛色の異なる展示を企画したくなるという。ペコちゃん展も2年前の「もういいや期」に、ガムの包装デザインからヒントを得て発案した。同館に隣接するペコちゃんの「後見人」、不二家平塚工場から全面協力も得られ、「単なる資料展にはしたくない」と、現代作家にペコちゃんに因んだ新作の依頼をかけた。同館では珍しい取り組みだったが、周囲のサポートと人脈を生かし、20代から60代の作家まで、多くの作家の作品が集まった。「美術館の新たな側面を感じさせる企画を目指しました。今、美術館は面白いんです」



平塚版の人物風土記最新6件

枝崎 恵治さん

確定申告期を迎える平塚税務署長

枝崎 恵治さん

2月15日号

中根 瞳さん

「湘南ストロベリーマルシェ」の実行委員長を務める

中根 瞳さん

2月8日号

平田 昇さん

NPO法人平塚のら猫を減らす会の理事長

平田 昇さん

2月1日号

土井 浩さん

元平塚市博物館長で、金田の郷土史本『わが住む里の江戸時代―かねだ―』を執筆した

土井 浩さん

1月25日号

岩崎 和輝さん

「第6回三十路式」の実行委員長を務める

岩崎 和輝さん

1月18日号

関口 雄一さん

平塚青年会議所(平塚JC)の第60代理事長に就任した

関口 雄一さん

1月11日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク