平塚版 掲載号:2018年1月11日号
  • googleplus
  • LINE

平塚青年会議所(平塚JC)の第60代理事長に就任した 関口 雄一さん 花水台在住 39歳

「魅力感じる平塚に」

 ○…「人口減少社会に差し掛かるなか、『このまちに来て、住んで良かった』と思えるようなまちづくりを進めていきたい」と話す言葉には力がこもる。平塚・大磯・二宮の若手経済人らが集う平塚青年会議所(平塚JC)で1年間、メンバー55人の旗振りを担う重役に自ら手を挙げた。「平塚には豊かな自然や高い生活利便性という魅力がある。地域活動を通じて地元の更なる発展に寄与できれば」と笑顔を見せる。

 ○…地元の観光資源である七夕まつりへの思いは人一倍強い。「だからこそ、七夕を『最大の魅力発信の場』として活用していきたい」と思いを寄せる。JCで主催するご当地グルメイベント「たからいち」では、文化や芸術などの分野も取り入れながら総合的にまちの情報発信を試みる予定だ。「平塚全体の魅力を感じられるような七夕にしていきたい」と意気込む。

 ○…創業46年、日本料理店「割烹竹万」(花水台)で3代目の若主人として店を切り盛りする。大学卒業後、レストラン経営学を学ぼうと米国ネバダ大学ラスベガス校に留学。帰国後は懐石料理店で4年間修業を積む一方、老舗旅館でも日本のもてなしを学んだ。「自分は料理人ではなく『日本料理店の経営者』になると決めていた。創業者から受け継がれる伝統を守り、職人技が光る日本食の魅力を伝えたかったんです」。屋号の「竹」にこだわった外観や器、地場食材を使った料理など、店舗で提供するもてなしには培った経験と感性が散りばめられている。

 ○…JC活動に家業と忙しい日々を送るが、2児の父として子育てにも積極的に参加する。「忙しさを言い訳にしない」がモットーだ。「今無理をしないと例えば10年後、事業拡大の決断を下すような場面で言い訳しか出てこなくなる。忙しくても時間を作る大切さをJCが教えてくれましたね」。魅力ある平塚のまちを目指し、まちづくりに心血を注ぐつもりだ。

平塚版の人物風土記最新6件

川口 倫史さん

移動スーパー「とくし丸」の販売パートナーの

川口 倫史さん

4月19日号

古木 紳一郎さん

平塚商工会議所青年部(平塚YEG)の会長に就任した

古木 紳一郎さん

4月12日号

松元 しのぶさん

平塚逸品研究会の会長に就任した

松元 しのぶさん

4月5日号

大矢野 亜裕美さん

ともしびショップ湘南平の喫茶部門「湘南リトルツリー」を運営する

大矢野 亜裕美さん

3月22日号

大谷 晋平さん

2月17日付で平塚八幡宮神輿会の会長に就任した

大谷 晋平さん

3月15日号

山本 彩加さん

2017年度公認会計士試験を全国最年少で合格した

山本 彩加さん

3月8日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク