平塚版 掲載号:2018年2月22日号 エリアトップへ

神奈川県議会議員 赤井かずのりアクションリポート vol.40 教育負担の軽減が実現!

掲載号:2018年2月22日号

  • LINE
  • hatena

私立高校の授業料の補助金を増額へ!

 神奈川県は私学発祥の地で、高校生の3人に1人が私立高に通っています。公明党は私学の魅力向上を支援するため、生徒への学費補助、学校への経費補助も含め、私立高への助成制度の充実を要望してきました。

 県はこの度、新年度から私立高などに通う生徒の保護者等の経済的負担を軽減するため、入学金・授業料の返還不要の補助金の増額を決めました。公立高は国の就学支援金により、既に年収910万円まで実質無償化されており、この私立高の生徒への学費補助制度は、教育費の公私間格差をなくすことになります。

 これまで県の私立高授業料の実質無償化は、生活保護世帯と年収250万円未満の市町村民税所得割非課税世帯まででした。東京都では年収760万円未満の世帯、埼玉県は年収609万円、大阪府は590万円までと、私学授業料の実質無償化は拡充されています。

年収590万円未満の世帯は実質無料化へ!

 教育費の負担軽減を目標にしてきた公明党の要望を受け、神奈川県は新年度から生徒学費補助金を増額することになりました。年収590万円未満の世帯に国の支援金と合わせ年額43万2千円が補助され、授業料の実質無料化が実現しました。(第1回定例議会で決定。対象者は申請が必要)

黒岩知事はSDGsの達成に「頑張る」!

 県は、2030年に向け世界が合意した持続可能な開発目標(SDGs(エスディージーズ))が掲げる貧困や飢餓の廃絶、地球規模の環境保全など17項目の目標を念頭に施策を進めることになりました。

神奈川県議会議員 赤井和憲

平塚市八重咲町24-28-5F

TEL:0463-23-3566

http://www.12-3.net/akai

平塚版の意見広告・議会報告最新6

「音楽の町平塚」はいかがですか

意見広告

「音楽の町平塚」はいかがですか

(公財)神奈川県青少年交響楽団理事長 府川まさる

2月6日号

公共施設の全体最適実現を急げ!

公共施設の全体最適実現を急げ!

市議会議員 永田よしのり

1月1日号

笑顔あふれる街平塚を!

笑顔あふれる街平塚を!

市議会議員 石田みゆき

1月1日号

官民連携で持続可能なまちづくりを

官民連携で持続可能なまちづくりを

市議会議員 秋沢 まさひさ

1月1日号

市民の声を汲み取り効率的な施策展開を

市民の声を汲み取り効率的な施策展開を

市議会議員 久保田さとし

1月1日号

全ての人が楽しめるバリアフリー観光!

全ての人が楽しめるバリアフリー観光!

市議会議員 鈴木はるお

1月1日号

教育予算しっかり市民満足に投資を

教育予算しっかり市民満足に投資を

市議会議員 金子修一

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月23日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク