平塚版 掲載号:2018年6月14日号 エリアトップへ

穂積絵莉選手 全仏オープン準優勝 ダブルスで日本人初の快挙

スポーツ

掲載号:2018年6月14日号

  • LINE
  • hatena
準優勝盾を手にする穂積選手(左)と二宮選手
準優勝盾を手にする穂積選手(左)と二宮選手

 市内在住のプロテニスプレーヤー・穂積絵莉選手(24)=橋本総業ホールディングス所属=が世界4大大会の全仏オープン(5月21日〜6月10日)女子ダブルスに二宮真琴選手(24)=同=と出場し、準優勝の成績を収めた。4大大会で日本人ペアが決勝に進んだのは初の快挙だ。

 穂積選手はなでしこ小学校、浜岳中学校卒。昨年は全豪OPで加藤未唯選手とのペアで女子ダブルスベスト4入りを果たしている。二宮選手も同年のウィンブルドンでR・ボラコバ選手(チェコ共和国)と4強入りしており、日本人同級生ペアとして今大会の活躍も期待されていた。

 ノーシードから始まった穂積・二宮ペアは、穂積選手の持ち味でもある力強いショットと、二宮選手の相手後方のロブがかみ合い、順調に勝ち上がった。準々決勝は全豪OPダブルス優勝のバボス・ムラデノビッチペアと対戦。第1セットをタイブレークの末に勝ち取ると勢いに乗り、1セットも与えることなく勝利した。

 流れを掴んだまま準決勝を2―0で制すと、悲願の決勝はチェコ共和国のクレイチコバ・シニアコバペアと対戦。身長178cmのクレイチコバの攻撃に力で押され、自分たちのプレースタイルに持ち込めないまま0―2で敗退した。

 小さい頃から穂積選手を知る市テニス協会の中田勉さんは「準決勝では相手をよく見てボールをうまく使っていた。スピードに慣れれば、まだまだいけるはず。頑張ってほしい」と今後のさらなる活躍を願いエールを送った。

 穂積選手は今大会を「悔しい気持ちもあるが、本当に楽しく濃い2週間でした。またこの舞台でトロフィーを掲げたい」と振り返った。地元の応援に対しては「いつも心温まる応援をしていただき、ツアー生活が長い中で本当に心強い」とコメント。ウィンブルドン(7月2日〜15日)にはペアを変えての出場を予定している。

平塚版のトップニュース最新6

奈須川さん佐川さんアジアV誓う

神大レスリング部

奈須川さん佐川さんアジアV誓う スポーツ

互いに認めるライバル関係

6月27日号

認知症カフェで笑顔

認知症カフェで笑顔 社会

レストランがスペース提供

6月27日号

不思議な絵画の世界へ

安野光雅展

不思議な絵画の世界へ 文化

絵本、ポスターなど150点

6月20日号

「キャンパス継続を要望」

神大移転

「キャンパス継続を要望」 教育

平塚市が議会で言及

6月20日号

10月にプレミアム商品券

平塚市

10月にプレミアム商品券 社会

非課税者、子育て世帯対象

6月13日号

銀幕のスターと昭和を懐古

市内在住奥山さん

銀幕のスターと昭和を懐古 社会

コレクション約600点を展示

6月13日号

ハード事業 続々着手へ

市6月補正案

ハード事業 続々着手へ 政治

相模小や消防署など整備費計上

6月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月27日号

お問い合わせ

外部リンク