平塚版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

「必ず十両に返り咲く」 朝弁慶さん令和へ決意

スポーツ

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
持ち味の押し相撲を体で表現した(高砂部屋で4月17日撮影)
持ち味の押し相撲を体で表現した(高砂部屋で4月17日撮影)

 改元特別号に合わせ、本紙では平成元年生まれのご当地力士で、高砂部屋に所属する朝弁慶大吉さん(30)=本名・酒井泰伸=を取材した。角界に身を置き12年、朝弁慶さんは度重なるケガに悩まされながらも、不屈の思いで現役生活を貫いてきた。「令和時代に相撲人生の集大成を迎えます。必ず十両に返り咲きます」と稽古に励んでいる。

 朝弁慶さんは平成の改元からおよそ1カ月後の2月12日、平塚市山下に生を受けた。山下小、山城中で学び、五領ヶ台高では柔道部に所属した。190cmに迫る屈強な体格が買われ、高校卒業後の2007年に高砂部屋へ。「トントン拍子で話が進んで気付いたら入門していました」と笑顔で当時を振り返る。

 同年3月には、朝酒井の四股名で初土俵を踏んだ。09年の5月場所からは現在の朝弁慶に改名、「湘南の重戦車」と表現される押し相撲で快進撃を続け15年、十両に昇進した。十両以上を指す「関取」の誕生は当時県内では22年ぶり、平塚からは江戸時代の関脇・江戸ヶ崎源弥以来、およそ200年ぶりの快挙だった。

 しかし、十両昇進を決めた15年9月場所の初日に足の指を裂傷。細菌が股関節まで達してしまい、顔がゆがむような激痛を隠しながらこの場所を務め上げた。千秋楽が終わると即入院、人生で初めて右足首にメスを入れた。

 術後はろくに稽古も積めず、ウエートトレーニングが中心となった。湘南の重戦車は影をひそめ、十両として臨んだ6場所中、4場所で負け越す結果に。16年には幕下へ陥落した。

 関取を名乗ることができる十両力士には個室が与えられ、2カ月に一度だった給料も毎月、しかも100万円近い大金が舞い込む。さらに、付け人もいる。「相撲の世界は番付社会。幕下とは天と地の差があります」

 十両復帰への焦りが日増しに募るなか、昨年5月には半月板の損傷で再び入院、手術。キャリアで経験のなかった2場所連続の休場を余儀なくされた。追い打ちをかけるように、同年9月には突発性のストレス障害に見舞われ、3度目の入院。「めまいと吐き気がすごくて。『土俵に立って結果を出さないと十両に戻れない』という焦りに悩まされていたんです」

3度の手術経て「焦らない」

 ウエートトレーニング中心のメニューは今も変わらないが、度重なる挫折を経て心境に変化が訪れた。「もう焦らない。ケガと上手に付き合っていこう」と前向きに開き直れるようになった。

 元横綱稀勢の里が引退したのは32歳の時。30歳になった今、アスリートとして気になる年齢についても「世のサラリーマンの方にとって30代はまだ若手の範囲ですよね。ならば、自分も頑張らないと」と至って前向きだ。

 そんな朝弁慶さんは、今年の初場所で三段目を全勝優勝。3月場所は1つ負け越したものの「コンディションは上々」だ。

 令和元年を迎えた今月は、両国国技館で5月場所が控える。高砂部屋には後進も増え「弁慶さん」と親しまれる重戦車は、「若手にはまだまだ負けられない。おっさんと言われても押し相撲で前へ前へ出て行きますよ」と闘志を燃やしている。

 なかなか地元に帰ることができないという朝弁慶さんは「たまに帰ると『白鵬だ』と勘違いされるんです。なので、平塚の皆さんにしっかり名前と顔を覚えてもらえるよう、必ず十両に返り咲きます」と誓った。

MADOショップ平塚真土店

台風シーズンに貼れば安心「飛散防止フィルム」

http://kobayashikenso.co.jp

<PR>

平塚版のトップニュース最新6

ボランティアへ感謝状

東京五輪

ボランティアへ感謝状 文化

リトアニア大使が来平

9月23日号

認知症患者に働く場を

認知症患者に働く場を 社会

市内法人が機会創出

9月23日号

延期か中止の危機

市立中学修学旅行

延期か中止の危機 教育

昨年に続きコロナ禍で

9月16日号

市も塩害調査実施へ

龍城ケ丘プール跡地

市も塩害調査実施へ 政治

地元住民が検証結果提出

9月16日号

シイラで地域の魅力発信

平塚農商高

シイラで地域の魅力発信 経済

地元飲食店と商品開発

9月9日号

妊婦の「声」に耳傾け支援

妊婦の「声」に耳傾け支援 コミュニティ社会

運営資金をクラファン

9月9日号

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook